« 「観光するところなんて、ありませんよ」 | トップページ | 奄美郷土料理の店 だるま »

2007/08/23

久高オデッセイ

久高島について、『海と島の思想』では、こう書いている。

 その時、上映されたのが、『神屋原(カベール)の馬』であった。
 この映画は、一九六六年に行われた久高島のイザイホーの祭りを
 記録したものである、
 民俗学の世界では注目されていたイザイホーは、
 まだ映像化されたことはなく、
 日本では最初の記録映画であった。
 (中略)
 そしてモノクロの映像と共に、北村谷栄さんのナレーションが続いていく。
 洗い髪のまま白衣に身を包んだ久高島の神女達が
 「エーファイ」「エーファイ」とかけ声をかけながら
 「神アシャギ」(祭祀を行う小屋)の中に入ったり出たりする迫力に圧倒された。

ぼくが観たのもこれと同じだろうか。
ぼくも、島の女性たちが神アシャギに出たり入ったりしながら、
集団憑依に入っていく映像を覚えている。
「エーファイ」「エーファイ」という掛け声が耳から離れない強力な映像だった。

母系的な共同祭儀であるイザイホーは、
久高島の神女になる資格のある女性が減ったため、
1978年を最後に行われていない。

ところが、このイザイホーを復活させる動きがあるという。

 この島に移り住んだ映画監督の大重潤一郎さんは、
 二〇一四年に復活する、次のイザイホーのために、
 今から準備過程も含め、四部作の映画を製作するという。

気になるので検索してみると、『久高オデッセイ』と題されている。

 映画「久高オデッセイ」へのいざない

 久高オデッセイ上映会

これを見ると、去年の夏に第一部が完成して、
今年、自主上映会が開催されているのが分かる。

映画は、第4部を2014年上映と予定している。
いまの紹介記事からは、2014年、
イザイホーを復活させるのかどうかは分からない。
しかし、島を再生するとは民俗を再生することだというアプローチは、
さすが久高島だと思う。

 ○ ○ ○

地名としての久高島は、フボー(クボー)と呼ばれる。
御獄のあるフボーから付けられたものと思われ、
その名は、御獄に繁茂している植物のクバ(ビロウ)のことだという。
琉球弧の他の地域にもあるフボーという地、拝所も、
同じくクバの自生しているところだから、
久高島の地名は、フボーから来ているのは確からしく思える。

久高島と対の関係にあるという隣の
津堅島は、チキン、という。
この由来は、いまのところ、ぼくには分からない。

『海と島の思想』 (野本三吉)
Ⅲ 古代信仰と女性原理
22 イザイホーの島・久高
Ⅱ 戦争の記憶・いのちの記憶
15 第二次世界大戦と津堅島



|

« 「観光するところなんて、ありませんよ」 | トップページ | 奄美郷土料理の店 だるま »

コメント

 クオリアさん

 盛窪さんと二人が、次から次へと物識りなので
ダリティ ナージドウ

 がしが、ゆみゅるフトゥヌ ミジラシャイエーシガ
ガシュクトゥドゥ ダリティヨ
ニャー アグマシャヌ ニブユクトゥ タンディ

投稿: さっチャン | 2007/08/24 01:29

おはようございます。
ヒルね していました。
夢からさめて パソコン開くと
久高島が目につきました。

 えー、この記事見てないとあわてて
「オデェッセイ」をクリックしてみました。
イザイホーのことでしたが、私がたづねた久高島は
イメージしていた神秘な島ではありませんでした。
拝所を何箇所かまわりましたが、
どこからか監視の眼があり、
ちょっとした嫌がらせ的なこともありました。
一番行きたかったフボーの土地を見ることが出来ませんでしたが
私を連れて行ってくださった先祖崇拝の思想集団の方の方に
魅かれてかえりました。
帰りの船上から見た島の形と
地図上に位置する 津堅島のことを考えたりしました。

 今日はお盆で
祖母の母の家にお供えをし
お神酒を一杯いただいて帰り一眠りして
さっちゃんのコメント読み
偶然に驚いて書き込みしてます。
世の中には
神秘なことがよくあるものですね。

  これからお供えの準備です。
妻がお仕事なので、
娘と準備をして夕方のお供えに供えます。

 イザイホーが久高島の独自の力で復活するとは思えませんが
神々が住む小さな島はどこかでつながって、
イザイホーの思想を伝える事ができる信じています。
シニグ祭りとウンジャン祭りの融合地点に
重要な鍵が示されているのではないでしょうか。

 これは
単なる仮定でありますが
現代人の夢とロマンを掻きたてるさっちゃんと
泡くんのがしがしの島ものがたりの
展開になるかもしれません。

  よろしくお願いします。

投稿: awamorikubo | 2007/08/25 15:27

お二人の、「がしがの島ものがたり」。
ぜひ、お願いします。
ぼくはまとめ役をしますから。


ところで、久高島。
ぼくも同じような経験をしました。
そうなんですね。

投稿: 喜山 | 2007/08/25 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久高オデッセイ:

« 「観光するところなんて、ありませんよ」 | トップページ | 奄美郷土料理の店 だるま »