« めーげらま王国 | トップページ | 海域の風景-琉球弧のつなぎ目 »

2007/08/09

心の橋、愛の壁

古宇利島、屋我地島、奥武島と沖縄本島。
瀬底島と沖縄本島。

ふと気づくと、沖縄島は周辺離島とやたら橋でつながっている。

 1.屋我地島 1963年
 2.平安座島 1971年
 3.宮城島  1975年
 4.野甫島  1979年
 5.奥武島  1979年
 6.伊計島  1982年
 7.瀬底島  1985年
 8.池間島  1992年
 9.来間島  1995年
 10.古宇利島 2005年

ぼくは、野本さんの整理を追いながら、
なんというか、沖縄から離島が減り、
沖縄本島が膨張するイメージを持った。
なんとなく、ちょっと残念な気分混じりだ。

もちろん、架橋は離島苦解消を目指したものであり、
島人の切実さの背景を見逃してはいけない。

しかし、離島苦のうち、人口減少については、
架橋は必ずしもこれを食い止める力にはならない。

架橋による交通の実現は、
沖縄本島の都市の中心性を高めるだろう。
架橋は、旧離島の無人化か郊外化を招くように思う。

現に、野本さんのレポートには、
島の人口減少と島外からのゴミ流入が報告されている。

これは、沖縄本島の都市化の過程そのものに他ならない。
同時に、沖の島々としての琉球弧の個性喪失の過程でもある。


ところで、ジョン・レノンに『心の壁、愛の橋』というアルバムがある。
この邦題を、心の壁を愛の橋で乗り越えようと素直に受け取ってみる。
沖縄の架橋も、離島苦の壁を橋で解消しようとしたものだろう。

けれど、それをするなら、「心の橋、愛の壁」が要ると思う。
島はなにゆえ島なのか。それは島だからである。
島は島ゆえ、世界であり宇宙である。
架橋するということは、島ではなくなるということだ。
島ではないということは、世界、宇宙でなくなるということだ。

だから、架橋するなら、というか、架橋の前に、
島の世界、宇宙を掘り下げ、浮かび上がらせたい。

その世界観を、愛ある壁で大切に持てば、
橋が島の心をなくすのではなく、
橋が島の心を渡すことができるようになると思う。

愛の壁で島を守り、橋が島の心を渡す、のだ。
(ちょっとコジツケすぎか?)

 ○ ○ ○

ところで、古宇利島の章では、地名にまつわる収穫があった。

 古宇利島がウチナーグチで「フイ・フイジマ」「クイ・クイジマ」
 などと呼ばれていることを知った。
 フイやクイは「越えた」のウチナーグチということであった。

ぼくは、古宇利島という名前を聞くと、
ぱーぱー(祖母)が、「こーり、あまんがた」と言っていたのを思い出す。
「ずっと、むこうのほう」という意味だと思う。
その、強調のように聞こえてくるのだ。

でも、あながち当たらずとも遠からず。
「フイ・フイジマ」、向こうの向こうの島、ということだ。

オーの向こう、ヤカの向こうにある島。
明日の明日、みたいな反復表現だ。


『海と島の思想』 (野本三吉)
Ⅲ 古代信仰と女性原理
21 人類発祥伝説・古宇利島
Ⅳ 暮らしの思想・祈りの思想
30 架橋への夢・瀬底島


|

« めーげらま王国 | トップページ | 海域の風景-琉球弧のつなぎ目 »

コメント

おはようございます。
「こーり あまんがた」
久しぶりに聞く 方言です。
島を宇宙に見立てる発想がとてもとても好きです。
銀河系が島宇宙のひとつであるとすれば
限りなく広がる宇宙があって
  その中に 心や魂や
        色や香りや 
           痛みや苦しみ
    
    カオスの世界から宇宙が生まれるとか
         今朝は何か変だ

      酔ってもいないのに。
        娘と朝食したせいだろうか。

  母を見舞ったあと
  コーラルの フバマを撮ってきます。

    いつも ありがとう。
      読む楽しみを持続させてください。

投稿: awamorikubo | 2007/08/10 08:51

awamorikuboさん。

娘さんとの食事、よかったですね。

フバマへ行くと聞くだけで、胸が高鳴ります。
フバマをよろしくお願いします。

「こーり あまんがた」。
ぼくの空耳ではないとわかってほっとしました。

明後日は父の五十日祭で、忌明けになります。
当日、与論は珊瑚祭り。盛り上がるといいですね。

投稿: 喜山 | 2007/08/10 09:15

  K山 Souさんへ

 お疲れ サマーです!

 (ここを)越えて(向こうの方)をゆんぬ言葉で、
 (フマンチャー)フィティ(アマンガタ)と

 言うので、(発音が気になりますが・・・)

 意味が同じだと思います。

 “アイ、シンク ソウ、:Souさん!”

 また、“哲先生の五十祭”手をあわせます。

 

 

投稿: ゆんぬヌあがさヌM也。 | 2007/08/10 13:27

みつややか。

とおとぅがなし。ぼくの方言は中途半端なので、
アドバイス、しっかい、いしょーしゃい。(合ってますか?)

父こともありがとうございます。

投稿: 喜山 | 2007/08/10 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の橋、愛の壁:

« めーげらま王国 | トップページ | 海域の風景-琉球弧のつなぎ目 »