« どんな小さな島も世界を持つ | トップページ | 『めがね』の視点 »

2007/08/25

黒糖饅頭 黒蜜

仕事場の同僚の方にいただいた、
帰省先の熊本からのお土産。

 その名は、「黒蜜」

やっぱり、黒砂糖入りの和菓子。

仕事場のデスクですぐに撮ったので、
うつりはあまりよくありませんが、
こんなお菓子。

Kuromitsu_2













美味しそうでしょう?

実際、黒蜜というだけあって、
黒糖の蜜が口のなかでとろけて、
とっても美味しかった。


JALの機内誌でも特集された逸品なんですね。

 創業95年、素材にこだわる老舗の和スイーツ

黒糖は、こんな風に生きる道もある。

与論島の黒糖も美事に生きていってほしいです。



|

« どんな小さな島も世界を持つ | トップページ | 『めがね』の視点 »

コメント

美味しそう、黒蜜。実は息子家族が近々熊本へ行きます。絶対、買ってきてもらいます。

嫁のお母さんは熊本の人。もうすぐ90歳のおじいちゃん、おばあちゃんが二人元気に暮らしています。二人の曾孫達をみてもらいたい、と。わが母も言うように、きっと生命力をあびせてきてくれることと思います。

投稿: くんちゃん | 2007/08/29 11:30

くんちゃんさん。

熊本に行かれるなら、ぜひ、ですね。

九十歳になられるんですか。
長生きをして、ひ孫に会えるなんて、すばらしい。
ひ孫に会ったら、ますます元気になりますね。

投稿: 喜山 | 2007/08/29 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒糖饅頭 黒蜜:

« どんな小さな島も世界を持つ | トップページ | 『めがね』の視点 »