« 干瀬のある風景・徳之島 | トップページ | ニライカナイの島・喜界島 »

2007/07/20

「雲南ブランド化プロジェクト」に学ぶ

島根県の雲南市は、
市の魅力を全国に発信する「雲南ブランド化プロジェクト」を始めている。

 雲南ブランド化プロジェクト

「幸運なんです。雲南です。」

のキャッチフレーズはともかく、(^^;)
2009年まで、今後三年間の活動計画が報告されている。

目がいくのは、詳細は分からないけれど、
映画製作と連動していること。

映画『うん、何?』と連動して、
ジョイントブックの製作や共同試写会などを行う、とある。

映画『うん、何?』の公式サイトをみると、
応援メッセージやサポーターを募集している。
市民と一緒に映画を盛り上げようという作戦だ。

 映画『うん、何?』の公式サイト

この動きは刺激になるし、参考にしたい。

与論島は、映画『めがね』の舞台になり、
しかも頼みもしないのに、
役者さんたちが与論島を気に入り、
よさを声に出してくれている。

日本テレビ「スッキリ!!」の一分劇場「朝のたそがれ」も、
舞台は与論島なのだ。

連動しない手はない。
映画が、始まりから終わりまで、
与論島の魅力を伝えてくれるのだから。




|

« 干瀬のある風景・徳之島 | トップページ | ニライカナイの島・喜界島 »

コメント

おはようございます。
楽しく有意義に過ごした旅行を思い出しながら、台風の片付け作業を楽しんでいます。自然が壊してくれたので、それを修復しながら次の造形をするのは夢が湧いてきます。
与論島の南海岸が被害にあいました。
教訓を活かしたいものです。

 映画「めがね」に対する行政や観光協会の取り組みは、私にはひややかに感じられます。
どうにかしたいと思うのですが、独りよがりになりそうなのでチョト引いています。
待つしかないのかなー。
 今年は環境の宣伝効果のある全国大会の開催地でもあるのに、
プロジェクトに参加させてもらえたら現地案内の提案をしたいのだが
・・・。

投稿: awamorikubo | 2007/07/21 05:31

awamorikuboさん。

どうして冷ややかなんでしょうね。
観光元年を謳うなら、絶好の機会だと思います。
ぼくは自分のやれることをやろうと思っていますが、
行政や観光協会も腰を上げたくなることはないか、考えてみたいです。

全国大会の開催地? それもいい機会になりますね。

片付け作業、おつかれさまです。
くれぐれも怪我なさらぬように。

投稿: 喜山 | 2007/07/21 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雲南ブランド化プロジェクト」に学ぶ:

« 干瀬のある風景・徳之島 | トップページ | ニライカナイの島・喜界島 »