« イューガマの謎 2 | トップページ | イューガマの謎 3 »

2007/06/16

地名資料室から南島接近

やっと行けました、「地名資料室」

いつしか琉球弧の地名オタクになってしまい、
調べものをしていくうちに、
地名の重要性に対する谷川健一の問題意識に触れ、共感しました。

そうなると、谷川が研究所長を務める
日本地名研究所に付属する「地名資料室」には
行ってみたくなるというものです。

しかし、なかなか問屋は卸してくれず、
この週末にやっと機会を得ました。

所は川崎、溝の口駅の近く。

土日もやってくれて、
室員の方々は親切で、
コピーも1舞10円と良心的で、
とても助かりました。

 ○ ○ ○

今回の目的は、このところ勝手に言っている、
琉球弧の「沖の島」という地名由来の理解について、
既存にはどんな説があるのかを調べるためでした。

なにしろ、直観頼みで大半はやってしまっているので、
現状の解釈を知りたかったのでした。

成果を出していけるといいなと思います。

きっとまた行くことでしょう。


1_2










2









|

« イューガマの謎 2 | トップページ | イューガマの謎 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/15454776

この記事へのトラックバック一覧です: 地名資料室から南島接近:

« イューガマの謎 2 | トップページ | イューガマの謎 3 »