« ここが違う!与論と永良部 | トップページ | 沖縄との訣れ »

2007/05/03

ボーダー・アイデンティティ

高橋さんの論文は次第に核心に迫る。

 沖永良部で生まれ育った人々にとって、
 文化化の過程で培われた文化的なアイデンティティは
 出自によるアイデンティティとは必ずしも同質ではない。
 政治と歴史とは別に、
 沖永良部島にはその地域における文化の歴史がある。
 薩摩藩直轄領になった後も、
 そして鹿児島県に行政的に組み込まれた後も、
 沖永良部島は沖縄島から文化的影響を受け続けていた。
 特に芸能文化は沖縄の影響が強く、
 沖永良部島の人々が沖縄に文化的アイデンティティを
 もたせる大きな要因となっている。

アイデンティティは多層である。
それは、沖縄、鹿児島など、どちらかに「峻別し難い」。

こんな境界の場所では、
どちらかを選ぶというより、
「状況によって境界を行き来する」という。

それを、高橋さんは「ボーダー・アイデンティティ」と呼んでいる。

この分析は説得力がある。
ぼくも、ある時は沖縄に愛着を寄せるし、
あるときはただの日本人だ。
でも、いざとなればユンヌンチュが強く顔を出す。
高橋さんはそれをボーダー・アイデンティティと言っていると思う。

これは、沖永良部だけでなく、与論や奄美の、
心のありようを説明してくれていると思う。

 ○ ○ ○

ただ、もうちょっと言えば、
ぼくは、その奥がまだあって、
どれかのアイデンティティに頼る向こうに、
それさえも、どうでもいいじゃないかという
おおらかさがあるような気がする。

島の人はアイデンティティとは誰も言わない。
それはアイデンティティという概念を知らないからではない。
もちろん、知っていてもどうということはないのだけれど、
ふつうの日常生活のなかで、
アイデンティティを糧に生きているわけではないからだ。

考えを詰めて息を凝らして、
煮詰めていくと、たしかにアイデンティティを云々するときはある。
けれど、考え詰めた極点で、
どうってことないじゃんというような、
ただの人のような場所に、いるのではないだろうか。

ユンヌンチュとて。

そこに、アイデンティティという言葉は、
ちょっとしゃちこばった、
外ゆきの言葉に思えてくる。

そんなところで、沖永良部のぴちゅ(人)も
与論のぴちゅ(人)も生きてきたのではなだろうか。


でも、高橋さんの突き詰めはとてもありがたい。


|

« ここが違う!与論と永良部 | トップページ | 沖縄との訣れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14885959

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダー・アイデンティティ:

« ここが違う!与論と永良部 | トップページ | 沖縄との訣れ »