« 「珊瑚礁の島」説 | トップページ | 那覇は水場 »

2007/04/06

首里は汐入(しゅーり)

牧野哲郎さんの
「『おもろそうし』にみる沖縄奄美の共通地名」に、
触発されてます。

牧野さんは奄美の「汐入原」の地名に着目して、
昔は、満潮時に汐入池、汐留場だったろうと推論しています。

で、シュリといえば、沖縄の古都首里を思い出しますが、
標高50メートル前後の首里城周辺を、
汐入(シュリ)と結びつけるのは難しい。

牧野さんはいったんはそう言いますが、
文献にあたって、
首里台地西南周辺の低地が、
湊、船着場だったことを確かめます。

そして、

 従って首里周辺の川の下流には
 満潮時には汐が入っていた

と推論しています。

牧野さんによれば、首里は汐入なのです。

「首里=汐入」説、面白いですね。
昔の地形に戻って発想する。
地名を探索するときには、
忘れてはいけないですね。


ときに与論には、シュリ関連の地名はなさそうですね。


|

« 「珊瑚礁の島」説 | トップページ | 那覇は水場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14567641

この記事へのトラックバック一覧です: 首里は汐入(しゅーり):

« 「珊瑚礁の島」説 | トップページ | 那覇は水場 »