« 沖縄は、水のある大きな地!? | トップページ | 徳之島は突き出たところ »

2007/04/09

沖永良部は、イラブから?

与論のお隣の沖永良部島。
ここも、その地名の由来は確かではないんですね。

沖永良部を地名として考えると、
伊良部島、口永良部島を同系列とみなして、
同時に説明できることが条件になるように思います。

最近、おなじみ。牧野哲郎さんの
「『おもろそうし』にみる沖縄奄美の共通地名」には、
イラブも取り上げられています。

 伊良部
 沖永良部
 伊良皆
 伊羅良

これらの共通項に「イラ」を取り上げ、

 (1)洞穴
 (2)低湿地と傾斜地に多い地名

この2点を挙げています。

ここでいえば、「洞穴」にまず、関心そそられます。
なんといっても、沖永良部島には、
大きな鍾乳洞があります。
総延長10キロにも及ぶ長大なもの。

最初の居住地だった洞穴が巨大なら、
それが地名に選ばれても不思議ではないでしょう。

では、と他2島をみると、
伊良部島には、「大竹中洞窟」があります。
手応えありかと思いきや、口永良部島にはどうやらなさそうです。

残念。

エラブ洞穴説は、ひとまず成り立たないとします。

 § § §

こうなると、誰もがなんとなく一度は思いそうな、
イラブチャー(魚)やイラブー(海蛇)とのつながりです。

ぼくはこの中では、
エラブウミヘビとのつながりを考えてしまいます。

沖永良部島では、
食用にもよく使われ日常的ですが、
地名として思うのは、
エラブウミヘビが自然神として擬人化され、
それが地名になっているのではないかという可能性です。

愛媛など、擬人化された自然が神名となり、
それが地名になるというのは、
古代の名づけ法です。

沖永良部島は、(擬人化された自然神としての)蛇の名。

という解釈です。

あるいは、エラブウミヘビを祖先とみなし、
その祖先の島としてのイラブという意味です。

南島のどこかで、
アマン(やどかり)が自分たちの祖先だとする認識を
読んだことがあるので、これもありうると思います。


このアイデアはいまのところ思いつきのレベル。
他の考え方にも出会って鍛えていきましょう。



|

« 沖縄は、水のある大きな地!? | トップページ | 徳之島は突き出たところ »

コメント

クオリアさん

 地名探索が楽しそうですね
こんな唄がありましたけど、今も唄うんでしょうか?
「甍の波と 雲の波・・・・・忽ち龍になりにけり」

 ゆんぬは、ユンヌだから私は「ユンヌンチュ」なんですよね。
それが分るだけで安心できるような気がします。

 


投稿: サッちゃん | 2007/04/10 00:31

おきのえらぶは読みにくくて
書きにくい字ですね。
なんでこんな長い呼び名がついたか不思議におもいます。
伊良部で良かったのに。
ゆんぬといらぶのはずではないでしょうか。
あと
とぅくとあまみ
短い言葉で2字か3字で読みたいものです。
直感的な発想です
気にしないで下さい。
 いつも  ありがとうございます。

 おはよう  きやまさん。

投稿: 泡 盛窪 | 2007/04/10 05:39

サッちゃん、コメントありがとうございます。

与論ちゅる島や小くさやあしが、鍋ぬ底中に五穀ぬ溜る。

という言葉がありますが、

与論ちゅる島や小くさやあしが、ゆんぬてゅる言葉のあゆん。

と言ってもいいですね。

ぼくも、ユンヌンチュと言えるのが嬉しいです。

投稿: 喜山 | 2007/04/10 09:16

盛窪さん、おはようございます。

もともと、いらぶ、ゆんぬ、とぅく、ううしま、
だったんでしょうね。

他にもイラブがある、大島があるとなって、
付けたしが必要になってきたんじゃないかと思いました。

その上、正式な名称にするのに「島」を
つけなきゃいけなくなったりして。

もともと何て呼んでたか、忘れたくないですね。

投稿: 喜山 | 2007/04/10 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14578150

この記事へのトラックバック一覧です: 沖永良部は、イラブから?:

» 姓名判断で赤ちゃんの名づけ方法 [姓名判断で赤ちゃんの名づけ方法]
記事を読ませていただきました。とても参考になりました。どうも ありがとうございます。 [続きを読む]

受信: 2007/04/10 16:04

« 沖縄は、水のある大きな地!? | トップページ | 徳之島は突き出たところ »