« 「付録」としての奄美 | トップページ | アグはブローチ »

2007/04/27

与論島は甘えん坊?

こんな面白い言い方があるんですね。

 奄美の島々を兄弟になぞらえ、個々の島民性を、奄美大島を
 「しっかりものの長男」、徳之島を「やんちゃ坊主の次男」、
 沖永良部島を「まじめな三男坊」、与論島を「甘えん坊の四男」
 と形容することもあるように、沖永良部島民の性格は、しばしば
 勤勉という言葉で表現されるように、老若男女を問わずよく働く
 といわれている。
 「沖永良部島民のアイデンティティと境界性」(高橋孝代)
 
これ、知らなかった。知ってましたか?

与論島は甘えん坊。それは知らなかった。(^^;)

与論。やんちゃな末っ子、の感じはある気もする。
そこから連想するとどうなるか。

沖永良部は? 優しいアネキ。
徳之島は? いかついアニキ。
奄美大島は? まじめでおとなしいアニキ。

かなぁ? (苦笑)



|

« 「付録」としての奄美 | トップページ | アグはブローチ »

コメント

こんな言い方があるんですね。
おもしろいな、言い得てるかもと思うと同時に、やはり一島の語られぬ哀しさを感じてしまいます。

投稿: sarah | 2007/04/27 21:18

sarahさん、コメントありがとうございます。

奄美の島々、色んなたとえで語られるように
なるといいですね。

投稿: 喜山 | 2007/04/28 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14786964

この記事へのトラックバック一覧です: 与論島は甘えん坊?:

« 「付録」としての奄美 | トップページ | アグはブローチ »