« 洗骨-あたたかい空気で包み込む | トップページ | 尚巴志は、小按司 »

2007/04/13

イチョーキ未来が懐かしい

盛窪さんが、与論島をデザインするとして書いています。

 又、人工の浜ではあるが消え行く自然を再生させるための
 長期計画として町民の心を結集させたいプロジェクトを
 立ち上げる機会だと思っている。

ぼくも賛成です。

ただの自然破壊の開発は、旅の人だって望んでないと思います。
自然創造の開発、しかも、できるなら、
昔あった以上の自然創造の開発ができたら、
旅の人も嬉しいはずです。

島の人にとっても、
イチョーキ長浜は、昔のイチョーキ長浜ではないけれど、
どういうわけか、ひどく懐かしい。
こう感じられたら最高だと思います。


与論島デザイン。
与論だけじゃなく、琉球弧全体にとっても
大切なテーマではないでしょうか。

リゾートのさきがけの地として、
未来を感じさせていきたいですね。




|

« 洗骨-あたたかい空気で包み込む | トップページ | 尚巴志は、小按司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチョーキ未来が懐かしい:

« 洗骨-あたたかい空気で包み込む | トップページ | 尚巴志は、小按司 »