« 那覇は水場 | トップページ | 沖永良部は、イラブから? »

2007/04/08

沖縄は、水のある大きな地!?

首里、那覇、ときたら、沖縄です。(^^;)?

沖縄の語源、必ずしも定説あるわけではないんですね。

沖にあざなえる縄のごとし、
という解釈は、いくらなんでも、
当て字の漢字からの推測と退けられているようです。

ごもっともです。

伊波普猷は、たしか「沖合いの漁場」という説を出しています。
「地名由来辞典」もこれを採用しています。

ぼくはこれは違う、と思います。
単純な理由で、地名は、地勢・地形に対してつけるのが、
初期の在り方だとしたら、
「漁場」という人の営みの場につけるのは、
時代が後段になってしまうと思うからです。

「沖にある場」、「遠い場」という考えもあります。
「地名由来辞典」は退けている説です。

外間守善は、「大きな那覇」という言い方を確かしていました。
牧野哲郎さんの、
「那覇は水のある場所」という理解を踏まえると、
ぼくは、これ、あるんじゃないかという気がします。

「水のある大きな地」という解釈です。
那覇に水があり生活の場と見なす。
沖縄島をその拡大版とみなすのは自然な感じがするからです。

ただ、「大きい」という単語に、
どうして「うふ」が使われていないのかという違和感は残るので、
どうも確信までいきません。

外間守善は、「おもろそうし」では、
「大きい」は、「オキ」、「ウキ」と表現されていると、
解説しています。

ただ、そうなると16世紀に編纂された
「おもろそうし」の言葉ですから、
「オキ」、「ウキ」を、古代の言葉として
受け止めていいか、分かりません。

それから、沖縄を「ウチナー」と呼んでいるので、
もともと「オキ」ではなくて、
「ウチ」だったのではないか。

すると、「オキ」は「大きい」を意味する、ではなく、
「ウチ」は「大きい」を意味する、
という説明が要ると思えてくるのです。

ここ、解けるでしょうか。


とはいえ、落ち着きがいいので、
「沖縄は、水のある大きな地」と、
いまは受け止めておこうと、思ってます。

もっといい理解があったら、
ぜひ、教えてください。


|

« 那覇は水場 | トップページ | 沖永良部は、イラブから? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14567942

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄は、水のある大きな地!?:

« 那覇は水場 | トップページ | 沖永良部は、イラブから? »