« 「沖の島」の流れ | トップページ | 浜下りの日の「花」と「タンポポの詩」 »

2007/04/19

沖縄は、沖のナファ

前に、沖縄を「大きなナハ」、
つまり、「大きな、水のある所」と解しました。

このとき、「おき」を「大きい」と解して、
すっきりしないと保留しましたが、
あれ以降も、亜熱帯魚の小骨のように、ひっかかってきました。

違うんじゃないかなぁと。
「大きな」と解するより、
「沖の」と解したほうがやはり素直だと思えるのです。

ウチナーは、「沖にある水のある所」です。

この解釈は、「沖の島」が、琉球弧全体に広がっている
という理解を背景にしています。

そしてそうとするなら、
こんどは、「沖にある水のある所」と解するのはともかく、
「沖」を言うのに、ハテルマ系列の言葉を使うのではなく、
現代に通じる、「沖」を使っているのがひっかかります。

ウチナーというのは、
実はとても新しい言い方なのではないでしょうか?
昔は、「ナファ」、「ナファンチュ」と言っていたのではないでしょうか?

「水のある所」である「ナファ」が、
もともとあった言葉で、
本土を含んだ範図が意識化されるに及んで、
「沖のナハ」を言うようになったのではないか。

この段階では、「沖」を言うのに、
ハテルマ系列の言葉は、
語源が分からなくなっており、
現代に通じる「沖」を使ったことになります。

というわけで、ウチナーを
「沖にある水ののある所」と解します。

もし「ウチナー」という言葉の起源を
ご存知の方がいらしたら、
ぜひ、教えてください。



|

« 「沖の島」の流れ | トップページ | 浜下りの日の「花」と「タンポポの詩」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14692994

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄は、沖のナファ:

« 「沖の島」の流れ | トップページ | 浜下りの日の「花」と「タンポポの詩」 »