« 首里は汐入(しゅーり) | トップページ | 沖縄は、水のある大きな地!? »

2007/04/07

那覇は水場

牧野哲郎さんの
「『おもろそうし』にみる沖縄奄美の共通地名」に
触発されてシリーズです。(^^)

牧野さんは、琉球には、
ナハ音の地名が多いことに着目しています。
那覇だったり名波だったり。

で、ナハは必ずしも海岸に限るわけではなく、
内陸にもあると指摘しています。

当っていくと、
久茂地川周辺の標高は2~4メートル、
安里川周辺は、4~8メートル。
こんな考察から、
8月の満潮時には汐入の可能性があると推測します。

また、那覇市は、

 地質的には川が運んだ泥砂礫によってできた
 潟原堆積地である。

文献をみても、那覇の深いところまで
入江になっていることを確認。

そこから、

 「那」は水(ミナ)→ニャ→ナで、
 「覇」は場所を意味する接尾語と解される。

としているのです。

この、「那覇は水のある場所」という理解、
いいですね。


ナハは与論にも散見されます。
品覇や幸名波です。
これらも、「水のある場所」を含んだ地名なんですね、きっと。

ただ、「な」は「水のあるところのそば」
というアイヌ語の理解を踏まえると、
「水→ニャ→ナ」という変遷を想定しなくても、
「ナ」を「水」と関連づけることはできそうと感じます。


|

« 首里は汐入(しゅーり) | トップページ | 沖縄は、水のある大きな地!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14567847

この記事へのトラックバック一覧です: 那覇は水場:

« 首里は汐入(しゅーり) | トップページ | 沖縄は、水のある大きな地!? »