« コースタルリゾートの可能性 | トップページ | 首里は汐入(しゅーり) »

2007/04/05

「珊瑚礁の島」説

牧野哲郎さんが『南島の地名』に寄稿している、
「『おもろそうし』にみる沖縄奄美の共通地名」には、
気になる地名がいっぱい載っています。

なかでも、これ。見逃せません。

沖縄の読谷村にある、「読谷山」。
ユンタンザ、について、
牧野さんは、同系としてなんと、
ユンヌを挙げています。

 ユンヌ
 与ン原(下平川)
 ユン兼久(亀徳)
 ユンメ(浦原)
 ユン川(阿室)
 ユン田(与路)

「読谷山」の同系としてこれだけの地名を挙げて、
その意味はというと、

ユ(珊瑚礁)ン(の)タン(低地)

としています。

これはぼくは知らなかった。
「ユ」に珊瑚礁の意味があるとなると、
とても興味深いことになります。

ユンヌの地名を探ると、
この「N」音の由来が鍵になってくるので、
格助詞にあたるとするのもありえる理解です。
ユン川、ユン田などの地名との類縁も面白い。

与論は珊瑚礁の島ということになるので、
それはそう、ぴったりです。


ただ、ぼくはといえば、今の所、「砂の島」説のほうに惹かれます。

「ユ」が「珊瑚礁」を意味するのか、
これからも気をつけて探してみようと思います。

もしご存知の方いたら教えてください。




|

« コースタルリゾートの可能性 | トップページ | 首里は汐入(しゅーり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14551722

この記事へのトラックバック一覧です: 「珊瑚礁の島」説:

« コースタルリゾートの可能性 | トップページ | 首里は汐入(しゅーり) »