« あれから2年の「与論島クオリア」 | トップページ | 与論島は甘えん坊? »

2007/04/26

「付録」としての奄美

高橋さんは、奄美研究の困難さをこう言う。

 奄美は、近世に薩摩藩の直轄領地であったことなどから、
 扱いが沖縄よりさらに複雑で、その位置付けには目を向
 けられず曖昧にされがちであった。

そう、その通りだ。

奄美について何か言おうとすると、失語してしまう。
奄美はいまだに失語したままだ。
けれど、それは永遠の沈黙ではない。
発語までの期間が長く必要だったというに過ぎない。
奄美がどんな言葉を発するのか、とても楽しみだ。

それから、高橋さんは山下欣一の「奄美人のアイデンティティ」
につていも紹介している。いわく。「奄美は沖縄というカテゴリー
でも、鹿児島というカテゴリーでも『付録的』位置づけであった。」

これも、その通りだ。

(琉球)-(沖縄)=(奄美)

または、

(鹿児島)-(薩摩)=(奄美)

のように、引き算の残余が「奄美」で、
等式の左辺にいけないできた。
なんとなれば、「奄美」とは何か、
充分に表現できていないからだ。

大状況のなかで、琉球のなかでも、
鹿児島のなかでも、奄美は重視されてこなかった。
それが、「付録」という意味だ。

けれど、もしそうなら、奄美の歴史でも登場すること少なき
わが与論など、奄美のなかの奄美だ。

ここは開き直るのも手だ。

付録作戦。

その心は、グリコのおまけ。
キャラメルを買うとおまけがついてきてトクした気分、
というのではなく、おまけがほしいから、グリコを買う。
そうなればいい。



|

« あれから2年の「与論島クオリア」 | トップページ | 与論島は甘えん坊? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14786819

この記事へのトラックバック一覧です: 「付録」としての奄美:

» アイデンティティとは? [心理カウンセリングを学ぶなら]
アイデンティティについて解説しています。 [続きを読む]

受信: 2007/04/27 15:30

« あれから2年の「与論島クオリア」 | トップページ | 与論島は甘えん坊? »