« タビンチュの位相 | トップページ | 奄美文化は一括りにできない »

2007/04/23

花と白波

なんというか、なんというか。

あまりTVを観なかったのだけれれど、
つい、先日知った中孝介の「花」が流れていて、
耳を奪われる。

で、そこに流れる映像は、
どこかでみたことのある勇壮な風景。

まさかあれはと思っていると、
やっぱりそれは桜島。

花と桜島?
まさかと思いきや、
なんとまさかの中孝介の「花」と焼酎「白波」の光景。
そのマッチング。

悪くないけど、腑に落ちない。

鹿児島よ、そんなマッチングする前にすることあるんじゃないの。
奄美よ、そんなマッチングする前にすることあるんじゃないの。

そう思ってしまう。

「花」を、元ちとせの歌と同じように、
遠くにとおくに羽ばたいてもらうために、
しなきゃならないことが、
奄美にはあると思う。

元ちとせや中孝介の飛翔は、
かつてない羽きなのだから。




|

« タビンチュの位相 | トップページ | 奄美文化は一括りにできない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花と白波:

« タビンチュの位相 | トップページ | 奄美文化は一括りにできない »