« 砂の島、与論島。 | トップページ | 島尾ミホ、逝く »

2007/03/28

石ころを蹴りながら

ああ、と懐かしい写真を見せてもらいました。

いつか歩いた道。
石灰岩の石ころを蹴りながら歩いた道。
ムヌが出ないかと、恐かった道。
道らしい道。

いくら与論がクルマ社会だからといって、
道という道が
全部、舗装道路になってしまったら寂しい。

緑の中に、石灰岩の白と土の赤が映える与論の道を、
いつまでも歩きたいものです。

|

« 砂の島、与論島。 | トップページ | 島尾ミホ、逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/14439544

この記事へのトラックバック一覧です: 石ころを蹴りながら:

« 砂の島、与論島。 | トップページ | 島尾ミホ、逝く »