« 「ONE PIECE」のNP変換 | トップページ | 与那国2000のインパクト »

2007/03/16

雪と白砂

雪はふわふわしているだろうな。
触ってみたいな。

小さい頃はそう思っていました。
ふわふわしてそうなのに、
テレビでみるなだれはどうして危険なんだろうな。
それが疑問でした。

 ※ ※ ※

あるお正月。
浜に降りて、バケツに砂を入れて
庭にまいたことがありました。

いくら海が近いとはいえ、
砂を抱えて持ってくるのはひと苦労でしたが、
赤土の上に白砂をまくと、
それはきれいで、
庭が清められた感じがするのでした。

雪はこんな感じだろうな、
とわくわくしたものです。

 ※ ※ ※

実際の雪は、
もっと白く、
想像していたのと違って、
硬くもあって、
それから、溶けるときには
汚れもするものだと知りました。

与論の白砂は、
コールタールに汚れることはあったけれど、
いまもきれいに輝いています。

白砂よ、永遠なれ。

 ※ ※ ※

東京は今日、初雪。
瞬間的な雪で、線香花火のように、
はかなげでした。

そんな雪を見て思い出すのは、
与論の、島を抱くような白砂です。

Migiwa

|

« 「ONE PIECE」のNP変換 | トップページ | 与那国2000のインパクト »

コメント

クオリアさん

 前回の失礼な書き込みすみませんでした
音楽はジャンルに関係なく大好きです
もちろん、ビートルズのことも楽しかったですよ
でも・・・でした
 これからも、楽しみにしています

 与論から病気療養にきていた伯母が、初めての
雪に喜んで両手をひろげて踊っていたのを、昨日
のことのように思い出します
 50年以上も昔のことです
生きていれば、115歳にはなるでしょうかね

投稿: サッちゃん | 2007/03/17 17:33

サッちゃんさん、コメントありがとうございます。

ごもっともなことなので、
ぼくもそうだよなと思っていました。
思いある人を集わせる与論の力を
改めてすごいなぁと感じ入っていました。
ご指摘ありがとうございます。


祖母もそうでしたが、
踊るときの手の上げ方は、
なんとも優雅な感じでした。

きっと伯母さまもそうだったのではないでしょうか。

投稿: 喜山 | 2007/03/17 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪と白砂:

« 「ONE PIECE」のNP変換 | トップページ | 与那国2000のインパクト »