« 夢と与論 | トップページ | 「洗骨」の話 »

2007/03/31

万田坑・・止まった時間

フォトジャーナリストの片山通夫さんが、
閉山後10年の三井三池炭坑の万田坑を訪ね、
それを写真のスライドショーとして見せてくれています。

 「万田坑・・止まった時間」

三井三池炭坑での与論島移住者の苦労は、
史実としてしか知らないので、
歴史を語る写真のなかに、
与論や、中国、朝鮮の人々を幻視するように見ました。

与論を出でた民の苦労も、
いまのぼくたちの力にしたいという気持ちで。


与論の人に、みてほしいスライドショーです。

鎮魂と歴史の引き受けと。




|

« 夢と与論 | トップページ | 「洗骨」の話 »

コメント

記事を見ていただき有難うございます。
今後ともよろしくお願いします。

 なお少しお願いがありますので
 申し訳ないのですが私宛メールを頂ければ幸いです。

投稿: 片山通夫 | 2007/04/01 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万田坑・・止まった時間:

» 本書で紹介できなかった本 その1:『与論島移住史』 [奄美の島々の楽しみ方]
2004年1月。与論に向かう前に打合せをした編集者は、 旅行ガイドブックの編集者にしては、気のきいたことを言う人だった。  ヨロンって、何も考えずにアタマをスッカラカンにできる島って  いわれてるけど、それだけじゃないはず。  その「それだけじゃない」を見つけてきてほしい。 このKさん(≠kamezoさん)の強い推薦のおかげで 私は念願の奄美の島々フェリー北上の取材行が できることになったんだし、 「おまかせくだされ!」の勢いだった。 ... [続きを読む]

受信: 2007/04/02 00:34

« 夢と与論 | トップページ | 「洗骨」の話 »