« グーグルアースは世界視線 | トップページ | グーグルアースは地球の分身 »

2007/02/02

地域ブランドフォーラム、全国大会

地域ブランドフォーラム、全国大会に参加してきました。
虎ノ門の会場は、全国から集まった
地域ブランドづくりに志を熱くする面々300名で一杯でした。

2つの基調講演とパネルディスカッションは、
どれも面白くためになりました。

 ♪ ♪ ♪

まず、ツーリズム・マーケティング研究所、井門さんの話。

・今後の地域ブランドづくりのキーファクターは、
 クチコミネットワークの数の多さ。

これが、一番重要なメッセージだったと
言ってもいいのではないでしょうか?

ある宿の宿泊予約が、
代理店比率がみるみる落ちて、
ネット直販が交差するように伸びている表には
説得力を感じました。

「育成の鍵」

・「信頼」は時間をかけて醸成される。
・ブランドを「年度単位」で考えるな。
・「家業」こそ、地域ブランドの担い手。
・地域に「ねたみ」はつきもの。
 ※さもありなん。(^^;)
・行政は「ファシリテーター」に徹せよ。

 ♪ ♪ ♪

兵庫県鞄工業組合の高島さんと、
流通科学大学教授の井上さんの話。

まさに去年、始まったばかりの、
地域団体商標取得のケーススタディで、
地域ブランド、製品ブランド、そもそもブランドは?
という整理から始まったという経緯がリアルでした。

 ♪ ♪ ♪

最後は、パネルディスカッション。
日本総合研究所の金子さんをコーディネーターに、
良品工房の白田さん、エイガアルの伊藤さん、
中小企業診断士・商業プランナーの片岡さんのお三方。

わかる女性がわからない男性を前に辛口でばっさり、
という構図がちょっと哀しかった。(^^;)

「売るのが難しいんじゃない。買うのが難しいんだ。
だから買いやすくすれば売れる」という
白田さんの言葉は説得力ありました。

これは、現在のメーカー・マーケティングが
店頭マーケティングを重視するのと全く同じ問題意識で、
同時性を感じます。


地域ブランドづくりも商品づくりも
同じなんだなと感じた次第。

それから外してならないのは、
地域ブランドの場合は、
「誰が」担うのかが、
大きな課題になるということです。


与論島はどうなりたいのか。
このテーマをしっかり考えたくなる半日でした。

Area_brand

|

« グーグルアースは世界視線 | トップページ | グーグルアースは地球の分身 »

コメント

きやまさん おはようございます。

育成の鍵
参考になります。
あれこれ試したくてしょうがなくて
口ばかりになってしまいそうです。

 誰か発想だけでも認めてくれないかな

 仲間が欲しい。

投稿: 泡 盛窪 | 2007/02/03 05:06

盛窪さん、コメントありがとうございます。

フォーラムでも、お金のあるなしじゃなく、
素朴でお客さんが喜ぶアイデアを実現しているかどうかが
成否の分かれ目というケースを見てきました。

何かやられる際には、私も何かお役に立てるかもしれません。
お申し付けください。

投稿: 喜山 | 2007/02/03 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域ブランドフォーラム、全国大会:

» ザ・ファシリテーター2―理屈じゃ、誰も動かない! [by 森 時彦 (著) [<仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る!]
ビジネス書「ザ・ファシリテーター2―理屈じゃ、誰も動かない!」を仕事術の観点から斬っています! [続きを読む]

受信: 2007/02/04 12:22

« グーグルアースは世界視線 | トップページ | グーグルアースは地球の分身 »