« 波照間=加計呂麻 | トップページ | 都市の映像化と映像身体としてのファッション »

2007/02/25

『奄美の島々の楽しみ方』

書かれた内容だけでなく、
書かれること自体に意義がある。

『奄美の島々の楽しみ方』は、そういう本です。

奄美の島々の楽しみ方

Photo_50










「奄美に関する本がない。」

冒頭のこのひと言に、
著者たちの問題意識は集約されています。

そうその通り、とぼくは続けたくなります。
奄美は、鹿児島のおまけでも、
沖縄のおまけでもないのですから。

 ○ ○ ○

島はひとつひとつが宇宙であり世界です。
だから、安易なひとくくりは島人によって
拒まれるでしょう。

でも、文化と自然の共通性から触手を伸ばせば、
与論島は琉球弧というひとくくりを見出すことができます。

と、ぼくたちはつい一足飛びに
全体にいってしまうのですが、
本当は順番があります。

与論は奄美のひとつです。
奄美というくくりを持っています。

奄美としてのひとくくりですら、
まだぼくたちはぼくたちとして語る言葉を
なかなか持っていません。

それだけ、島は宇宙であり世界です。

 ○ ○ ○

それだからなおさら、この本は嬉しい。
奄美のなかの与論の先行表現になってくれます。

与論を紹介するのに、
「とおとぅがなし」がある。
これは嬉しい。
「ヨロンマラソン」も「シヌグ祭」も
与論ならではです。

けれど、与論を紹介するのに
「与論捧奉」をもってするのは、
これはもう卒業したい。

でもこれは書く側のテーマではなく、
書かれる側のテーマです。

この本の粋な志を引き受けて、
ぼくたちもまた奄美の一角を担う与論島を
表現したいものです。

 ○ ○ ○

奄美大島、与路島、請島、加計呂麻島、喜界島、
徳之島、沖永良部島、与論島。

奄美への愛情こもった筆致が嬉しい一冊です。

 ○ ○ ○

ブログも展開されていました。
奄美の島々の楽しみ方

嬉しいですね。


|

« 波照間=加計呂麻 | トップページ | 都市の映像化と映像身体としてのファッション »

コメント

はじめまして。
『奄美の島々の楽しみ方』編者です。
たったいま、奄美大島・加計呂麻島への刊行ご挨拶から戻りました。

とてもうれしい紹介記事をありがとうございます。

今回、8つの島を1冊でまとめることの難しさ、限界などもひしひしと感じていました。どうしても奄美大島の話が多くなってしまう。
与論からこうした声をいただいたことはとてもありがたく、まさに「とぞとがなし」です。

取り急ぎ、一言お礼まで。


追伸:池袋西武百貨店は私が子どもの頃からいちばん馴染みのあるデパートです。びっくりしました。いまは知っている人も少なくなりましたが、12階の西武美術館やArtVivantにしょっちゅう通っていました。

投稿: sarah | 2007/02/25 23:39

sarahさん、コメントありがとうございます。

各島それぞれががんばって、
島の表情をもっと生き生きさせていけば、
奄美の表情もより豊かになっていくのでしょうね。
これからも奄美をよろしくお願いします。


80年代の西武美術館やArtVivant は、
文化を担っていましたね。

投稿: 喜山 | 2007/02/26 07:44

すみません、ミスタイプしてました。
「とぞとがなし」→「とおとがなし」です。失礼しました。

投稿: sarah | 2007/02/26 17:46

sarahさん、コメントありがとうございます。

いえ、最初から「とうとぅがなし」と読めました。(^^)
お気遣いありがとうございます。

投稿: 喜山 | 2007/02/26 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『奄美の島々の楽しみ方』:

» ご紹介いただいているブログ、その3 [奄美の島々の楽しみ方]
久々に、本書をご紹介いただいているブログ等のご紹介、第3弾です。新しく紹介いただいたところもありますし、新たに見つけたところもあります。 [続きを読む]

受信: 2007/03/03 23:34

« 波照間=加計呂麻 | トップページ | 都市の映像化と映像身体としてのファッション »