« 漂流木としてのユンヌ | トップページ | 超自然哲学へ »

2007/01/29

『南の島のたったひとりの会計士』

『南の島のたったひとりの会計士』は、
会計士を超えて。

屋宮久光さんの『南の島のたったひとりの会計士』を
楽しく読みました。

そして、奄美大島にこんな人がいると、
嬉しくなりました。

屋宮さんは、奄美大島出身。
高校から鹿児島へ出て大学へ進み、
その後も勉強を続けて公認会計士の資格を得ます。

そして資格を活かして福岡で活躍するのですが、
父の他界と母の心配が契機になり、
奄美大島へ帰ることを考えるようになります。

  奄美群島振興開発特別措置法による補助金
 漬けの経済で弛緩しきった島は、自らの手で
 産業を興す気配すら感じられません。公共事
 業という名の麻薬の切れる前に、次なる奄美
 への道しるべを付けなくてはならない。今こ
 そ公認会計士として出来ることがあるはずだ。
 父が眠る奄美、母の残る奄美、そして私の根
 っこである奄美が苦しんでいる。母なるシマ
 へ戻り、郷土のために死力を尽くさなくては、
 という思いが湧き起こってきたのです。

こう考えた屋宮さんは奄美大島へ、
友人の大反対を押し切って帰島します。

友人が反対するのも無理はありません。
いえ、友人でなくても反対する人は多かったでしょう。
それは公認会計士を必要とする規模の企業のない奄美ゆえに、
資格が意味をなさないということもありますが、

それ以上に、希望と気概が強ければ強いほど、
「失望する」のが目に見えているからです。

 ♪ ♪ ♪

屋宮さんは、帰島します。
その後の展開は物語のように、
この本で楽しむことができます。

奄美大島の現状に驚き、あきれる。
たとえば、一時間遅れるのは当り前のような島時間。
それに苛立ち、愚痴を言うようになります。

あげくに毎晩の酒に、
朝の迎え酒が加わり、屋宮さんは、
いつしかアルコール依存症になってしまいます。

当然の結果として、太るだけでなく身体を壊すのですが、
吐血したのをきっかけにお酒を断つときがやってきます。
そこから、物語は回復へと向かうのです。

台風の夜、
会計のアドバイスをした企業経営者から、
明日までに事業計画書を作らなければならないと言われ、
知人友人に声をかけ、
会計の守備範囲以上のことをみんなでやり遂げる。

そのところで、物語は出口を迎えます。

 ♪ ♪ ♪

こんな空回りからギヤが入るまでの過程で、
面白いのは、アルコール依存症といっても、
どこかで屋宮さんはしらふでいて、
むしろ吐血を待っている心境でいることです。

一度、倒れてから立ち上がる。
一度、倒れないと立ち上がれない。
それが自身の資質だというように、
屋宮さんは、倒れ、また立ち上がります。

そこには余裕すら感じられるのですが、
それは欺瞞というようなものではなく、
奄美の熱い陽射しがもたらす生命力を、
屋宮さんも受け取っているからだと感じます。

そう言いたくなるのは、もうひとつ。
ここにあるにはノン・フィクション、実話なのですが、
それがどことなく物語と感じられることです。

それはきっと、
話の背景に点景される亜熱帯の自然が穏かで優しいことと、
奄美の人の話しぶりが、
のんびりした親密感にあふれているので、
この世のものではないような雰囲気を
まとっているからだと思えます。

「やっぱりこの道でいいちよ」。
この方言というか訛りは、
ぼくにもたまらなく懐かしいものに映ります。

しかし、これはもちろん実話です。

奄美の現実にしっかり立ち向かう屋宮さんの奮闘を応援したい。
そんな気持ちになりました。

そして、与論島出身としてはもうひとつ。

 奄美を自分の力で立ち上がることができる島にする。

この言葉を、ぼくも引き受けたい。
そう思うのです。

『南の島のたったひとりの会計士』

Photo_12







(装丁の下方、きれいな魚たちです)

|

« 漂流木としてのユンヌ | トップページ | 超自然哲学へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『南の島のたったひとりの会計士』:

« 漂流木としてのユンヌ | トップページ | 超自然哲学へ »