« あたたかな年明け | トップページ | 砂浜への澪 »

2007/01/06

ゆんぬの語源、アイヌとのつながり

アイヌ語に「ウナ」という言葉があって、
もともと「灰」を意味するけれど、
これが「砂」の意味にも使われているという考察がありました。

 アイヌ語に una (ウナ)という言葉があります。
 これは、[ 灰、火山灰 ] という意味です。この
 una (ウナ)という言葉が、日本語の yuna (ユナ)、
 yona (ヨナ)、ina (イナ)、uni (ユニ)、
 ino (イノ)となり現在も残っています。本来、
 una (ウナ)は「灰」という意味ですが、「砂」
 という意味にも使われるようになったようです。

 与那
 沖縄では「与那」を yuna (ユナ)と読みます。
 もちろんこれれも una → yuna (ユナ)で、
 「砂」という意味です。沖縄には、与那(ユナ)、
 与那原(ユナバル)や、与那国、与那嶺などの
 姓や地名にたくさん残っており、また、砂浜に
 生える木を「ユナの木」という言い方も残っています。

これはとても面白い考えではないでしょうか。

ユキという言葉が雪のない南島に移った時、
「あられ」の意味になるという変移と同じことだと思えます。

そこで、アイヌの「ウナ」(灰)を源に、
それが「ユナ」(砂)へと転化し、
そのバリエーションの中に、
「ユンヌ」もあると推察することも可能です。

砂浜としての与論島という理解は、
地名の付け方としてもとても自然な気がします。

そうすると、やっぱり仮説1なんでしょうか。(^^;)

|

« あたたかな年明け | トップページ | 砂浜への澪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/13357019

この記事へのトラックバック一覧です: ゆんぬの語源、アイヌとのつながり:

« あたたかな年明け | トップページ | 砂浜への澪 »