« ユナヌ vs ユリヌ vs ユウヌ | トップページ | 『南の島のたったひとりの会計士』 »

2007/01/19

漂流木としてのユンヌ

先日、与論の自称、ユンヌの語源について、
ユナヌ、ユルヌ、ユウヌの3つを挙げてひと段落したつもりだったのに、
また気になる言葉が出てきてしまいました。

困ります。(^^;)

アイヌ語で、漂流木、漂流する木を
ヤンニ(yanni)というそうです。

 yan-ni 漂流する・木

ヤンニのうち、「ヤ」と「ニ」について、
同一行の転訛をたどっていけば、
ヤンニは、ユンヌになってもおかしくないはずです。

「漂流木の寄る地」としてのユンヌ、です。

ヤンニ説だと、ユナヌ、ユルヌ、ユウヌのように、
「ン」になる理由を考えなくて済むところがメリットです。

関連すれば、与那国島には、
西側にダンヌという浜があります。

d音とy音が等価であることを踏まえると、
ダンヌは、ヤンヌなので、
ユンヌと同一なのではないかと思ってきましたが、
この西の浜も、
漂流木の寄る地という由来で不思議ではない位置にあります。

与論島も当然、漂流物は多い。
ぼくも台風あけにウドゥヌスーの浜辺で
漂流の果ての大木を見たことがあります。

漂流木としてのユンヌも否定できない可能性として、
語源の仮説に挙げておきます。

|

« ユナヌ vs ユリヌ vs ユウヌ | トップページ | 『南の島のたったひとりの会計士』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/13570562

この記事へのトラックバック一覧です: 漂流木としてのユンヌ:

« ユナヌ vs ユリヌ vs ユウヌ | トップページ | 『南の島のたったひとりの会計士』 »