« ブログのアウトとオフ | トップページ | 「ゆんぬ」語源考2 »

2006/12/29

ノート:「カネク」

与論島にいう「金久」は、
「浜の砂地または低地」のこと。

 ちなみにいう、砂をカネと呼ぶことから、
 海岸の地名としてカネク、カニク、ハニク
 (金久、兼久、金宮)があり、それらは浜の砂地
 または低地である。これは沖縄本島にも多いが、
 奄美の島々にもおびただしい。永吉毅によると、
 奄美本島にはかつて百三十六のカネクの小字の地名があった。
 このほか沖永良部島に十、徳之島三十、喜界島十五、
 与論島四である(『沖永良部島地名考』)。
 (『日本の地名』谷川健一)

百合が浜のある「大金久」は、大きな浜の砂地、となります。

また、カネク、カニク、ハニクの3パターンについて言えば、
カネクは、3母音変換すれば、カニクであると理解できます。

同時に、カニクとハニクは同義なので、
k音とh音が訛り変化のバリエーションであることが示唆されます。


そういえば、苗字にもありますね。金久。
同級生の金久くんは元気だろうか?

|

« ブログのアウトとオフ | トップページ | 「ゆんぬ」語源考2 »

コメント

おはようございます。
ブログの内なるゲットー、外なるげっとー
考えさせられ、これから気をつけたいと思いました。
イザヤ・ベンダサンを
もう一度読みなおしたいです。

 従弟の金久さん宅に今日お歳暮に行く予定にしています。
お墓のことも
ハニクと呼んでまして
今日7時から共同清掃の日になっています。
そろそろ準備にかかろうかな。

 砂糖キビ酢の工場あたりも覗いてきたいと思います。
私も黒砂糖の製品を作りたいとおもっていますので
(ままごと程度)
色々な方から知恵と経験を教えていただきたい
 ザラメ工場を黒糖工場に転換して
チョコレートのような製品に仕上げ
爆発的に売れたら
与論島の救世主となるであろうとの
 正夢を初夢に描いてみました。


投稿: 泡 盛窪 | 2006/12/30 05:42

盛窪さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

お墓のことをハニクというんですね。知りませんでした。
これも、「砂浜」と由来として関係あるのでしょうか。

黒砂糖の製品、いいですね。
ちなみに、与論で純黒糖は作っていますか?
加計呂麻島には純黒糖があって、
それがとても美味しいものですから、
与論にあればいいのに、と思うのです。


正夢の初夢。いっぱい実らせたいですね。

投稿: 喜山 | 2006/12/30 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/13234339

この記事へのトラックバック一覧です: ノート:「カネク」:

« ブログのアウトとオフ | トップページ | 「ゆんぬ」語源考2 »