« サークラ語源考 | トップページ | とうとぅがなしは、《尊・様》 »

2006/11/15

がんばれ!与論島

市町村合併後も財政難、と記事に出ていました。

それはそうだろうと思います。

win-win の関係は、
強み同士の掛け合わせからしか生まれず、
弱み同士の掛け合わせは、
lose-lose の関係になるしかないからです。

互いの強みを持ち寄って初めて
何か見えてくるのでしょう。


ところで合併拒否後の与論島は、
どんな強みを見せていくのでしょう。

がんばれ!与論島。

|

« サークラ語源考 | トップページ | とうとぅがなしは、《尊・様》 »

コメント

「強み」の意味は、よく分かりません
強くなくっても、ユンヌなりにでいいと思います
 
 強がり、見栄っ張りは、与論には似合いません
たかだか 地球です 宇宙の果てが見えるでしょうか

 与論の建物、昔も今も相変わらず貧弱なものです
心は「まこと」、真、誠、真実・・・です

 1部屋、2部屋が多くて、部屋のつくりが・・・
50畳の部屋があったところで、何するんでしょう?

 少しばかりの差を、威張らないでいただきたいです
井の中の蛙、母親のお腹はパンクするだけです

 自分だけでなく、みんなで・・・です
云い古された言葉かもしれませんがー

 One for all,All for one.
大好きな言葉です
 

投稿: サッちゃん | 2006/11/15 23:50

サッちゃんさん、コメントありがとうございます。

50畳の部屋があったとて。
ぼくもそう思います。
誰だってそうじゃないかなというところが、
社会が落ち着く折れ曲がりになると
期待するところでもあります。

強みは、よさというように使っています。
「まこと」。これもそうですね。

投稿: 喜山 | 2006/11/16 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ!与論島:

« サークラ語源考 | トップページ | とうとぅがなしは、《尊・様》 »