« 「与論献俸」分解酵素 | トップページ | しぇんしぇい »

2006/11/30

『ドゥダンミン2』!

なんと竹下徹先生の『ドゥダンミン2』が手元に届きました。
先生の囲碁友達の親父がいただいたものから
お裾分けしてもらったのです。

Dodanmin2_2








ありがたいことです。

持ってみると、前回より分厚い。
読み応えありそう。

前作『ドゥダンミン』では、
琉球弧を駆け抜けた半生を格好よく感じました。
今回も期待します。

非売品ですから、
内容や感想もここに挙げさせていただきます。

 ○ ● ○ ●

考えてみれば、「ドゥダンミン」の言葉も、
清音と濁音では濁音が古形である
いいサンプルではないでしょうか。

ぼくははじめ、「ドゥダンミン」の意味が分りませんでした。
「ドゥ」は「自分」だとは分りますが、
「ダンミン」がどうも。

でも、あるとき、
これが茶花でいう「サンミン」のことだと思いついて
氷解しました。

「ドゥサンミン」、自分の考え、か、と。

今回もまた、竹下先生のエッセイを楽しませていただきます。
先生、とうとぅがなし。

|

« 「与論献俸」分解酵素 | トップページ | しぇんしぇい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/12878150

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドゥダンミン2』!:

« 「与論献俸」分解酵素 | トップページ | しぇんしぇい »