« 地域ブランドとしての与論島 4 | トップページ | 与論の森よ、永遠なれ »

2006/09/28

ちゅらうがん

昨日、ふいに「ちゅらうがん」という言葉を思い出しました。

昨年亡くなった祖母(ぱーぱー)がよく口にした言葉です。
よく口にしたといっても日常的に使っていたというよりは、
お祈りの場面でのこと。

ちゅらうがんしゃーびゅーくとぅ。

と、確かそう発音していました。

その前には、タビ(本土)にいる子や孫たちが
無事であるようにと前置きしていたから、

「曇りなき心で祈るから、
遠くにいる子や孫たちに、
間違いが起こらないようにしてください」

そんな意味のフレーズでした。

曇りなき心で祈る「美しい祈り(ちゅらうがん)」を
日課にしてくれる祖母(ぱーぱー)がいてくれたおかげで、
ぼくはいつも、自分が守られている気がしました。

何があっても、
自分をそのまま肯定してくれる安心感を
与えてくれたのです。

    ○ ○ ○

でもひょっとしたら、その安心感は、
身内の家族だけでなく、
動物たちや他の存在も抱いていたのかもしれません。

どういうわけか祖母(ぱーぱー)が帰るときだけ迎えに行く猫。
どういうわけか祖母(ぱーぱー)が掌を差し出すと、
降りてえさをついばむ鳩。
祖母(ぱーぱー)が手を合わせて祈ると、
本当にそこに誰かがいるような気配を漂わせました。

祖母(ぱーぱー)は、動物や植物や自然と、
話すことができたのかもしれない。

少なくとも、ぼくとは全く違う風に
世界を見て感じていたんだと思います。

涅槃の釈迦のように、
祖母(ぱーぱー)の他界を嘆くのは、
与論島の動物、植物、自然でもあったかもしれない。

そう思うと、ぼくはわずかでも、
自然と交感する感覚を
呼び覚ましたくなってきます。

そして、生きとし生けるもの、
と柄にもなく考えて、
小さな命、ささやかな命の声に耳を澄ませてみたくなりました。

メモ。
自然との交感を可能にするのが
与論島という場の力である。

|

« 地域ブランドとしての与論島 4 | トップページ | 与論の森よ、永遠なれ »

コメント

そんな島でありたい。昨夜、竹下徹先生の講話がありました。子供時分聞いたお父さんのお話ぶりも尊敬してましたが、徹先生もすばらしいお話をされます。「山川草木悉皆有仏」
与論の心「敬虔」おかげさまで、など、身振り手振り、間合い、独自の漢字の問題などなど。ぴったりと持ち時間でしめられました。最後に「ムヌガッタイ2」を無料配布。喜山さんのパーパーからいただいた黄色の彼岸花(ショウキスイセン)が咲いています。子供のころに遊んだ情景を思い出します。みかんの木の下から海がみえました。

投稿: awamorikubo | 2006/10/01 04:14

いつもコメントありがとうございます。
私も竹下先生のお話、お聞きしたかったです。
最近また『ドゥダンミン』を読み返しました。
格好いいなぁ、竹下先生、と改めて。

投稿: 喜山 | 2006/10/02 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちゅらうがん:

« 地域ブランドとしての与論島 4 | トップページ | 与論の森よ、永遠なれ »