« 地域ブランドとしての与論島 2 | トップページ | 地域ブランドとしての与論島 3 »

2006/09/11

グーグル・アースのヨロン

グーグル・アース(Google Earth)で接近してみれば、
与論島も見えてくる。

与論島も地球のひとつということ、
よく分る。

Yoron_jima2006














積乱雲めいた雲も、
リーフもくっきり見えてくる。

もっと接近すれば、

Nama2006_2














まず、「Ashito」の表記に出会う。きっと朝戸。
それから、「Kano」(叶)、「Nama」(那間)、「Mugiya」(麦屋)と続く。

さらに、「Chabang」の表記に。
これはきっと「茶花」。

まるでマルコポーロがジパングと記したみたい。

そしてそして、少し引けば、琉球弧が見えてくる。

Ryukyuko2006


















このゆるやかな連なりがいい。

グーグル・アースの感性体験は何をもたらす?

琉球弧の連なりの発見。
ヤポネシアの連なりの発見。
へその緒のような与論島。
消える国境線。
大陸のリーフのようなヤポネシア。

それからそれから。

Leef2006

|

« 地域ブランドとしての与論島 2 | トップページ | 地域ブランドとしての与論島 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グーグル・アースのヨロン:

« 地域ブランドとしての与論島 2 | トップページ | 地域ブランドとしての与論島 3 »