« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/29

与論の森よ、永遠なれ

与論島にもボーリング場がありました。
70年代から80年代にかけてのことだったと思います。

与論島にボーリング場?
なんとも不似合いな気がしますが、
でも今やゴルフ場もあるくらいだから、
そうでもないのでしょう。

かつて与論観光がピークだった頃です。
そしてブームが過ぎ、
ボーリング場は廃業されました。

90年代の後半、
元ボーリング場を訪れると、
戦争後を思わせるような廃墟と化していました。

屋根は骨組みを残して日が存分に差し込んで、
ボーリングのレーンもピンも残っているわけはなく、
ロッカーやカウンターも荒れ放題でした。
たしか、野犬がうろついていました。

宴の後の静けさというより、
静寂に包まれていました。

    ★ ★ ★

世紀を改めて、再び訪れてみると、
廃墟は無くなり、更地になっていました。

でも、無謀な観光施設が続かなければよいがと眺めて、
ぼくの眼に飛び込んできたのは、更地ではなく、
それを取り巻くガジュマルの群生でした。

Photo_5












それは何と悠々とした佇まいでしょう。
神々しくすらあります。

すごい!と思いました。
近づいてみたくなります。

Photo_3








Photo_8












これは、映画「ジュラシック・パーク」の撮影セットではなく、
TVで観るアマゾンの熱帯雨林でもなく、
わが与論島の姿なのです。

すごい。このすごさをどうやったら写し出せるだろう。
しばし、ガジャン(蚊)が足にまとわりつくのに任せて、
カメラに納めてみました。

Photo_2










Photo_4





Photo_6













Sekkaigan














でも、これは特別な光景じゃない。
ほんの数十年前までは、
与論島で、もっともありふれた光景だったはず。
しかも、古からずっと連綿としてきた。

小さな島の大きな森。
住居を取り囲み聖地につながる。

この森を与論島でもっと見たいと、
そう願わずにいられません。
Photo_7

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/28

ちゅらうがん

昨日、ふいに「ちゅらうがん」という言葉を思い出しました。

昨年亡くなった祖母(ぱーぱー)がよく口にした言葉です。
よく口にしたといっても日常的に使っていたというよりは、
お祈りの場面でのこと。

ちゅらうがんしゃーびゅーくとぅ。

と、確かそう発音していました。

その前には、タビ(本土)にいる子や孫たちが
無事であるようにと前置きしていたから、

「曇りなき心で祈るから、
遠くにいる子や孫たちに、
間違いが起こらないようにしてください」

そんな意味のフレーズでした。

曇りなき心で祈る「美しい祈り(ちゅらうがん)」を
日課にしてくれる祖母(ぱーぱー)がいてくれたおかげで、
ぼくはいつも、自分が守られている気がしました。

何があっても、
自分をそのまま肯定してくれる安心感を
与えてくれたのです。

    ○ ○ ○

でもひょっとしたら、その安心感は、
身内の家族だけでなく、
動物たちや他の存在も抱いていたのかもしれません。

どういうわけか祖母(ぱーぱー)が帰るときだけ迎えに行く猫。
どういうわけか祖母(ぱーぱー)が掌を差し出すと、
降りてえさをついばむ鳩。
祖母(ぱーぱー)が手を合わせて祈ると、
本当にそこに誰かがいるような気配を漂わせました。

祖母(ぱーぱー)は、動物や植物や自然と、
話すことができたのかもしれない。

少なくとも、ぼくとは全く違う風に
世界を見て感じていたんだと思います。

涅槃の釈迦のように、
祖母(ぱーぱー)の他界を嘆くのは、
与論島の動物、植物、自然でもあったかもしれない。

そう思うと、ぼくはわずかでも、
自然と交感する感覚を
呼び覚ましたくなってきます。

そして、生きとし生けるもの、
と柄にもなく考えて、
小さな命、ささやかな命の声に耳を澄ませてみたくなりました。

メモ。
自然との交感を可能にするのが
与論島という場の力である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/22

地域ブランドとしての与論島 4

博報堂の『地ブランド』では、
観光ブランドアナライザーという分析ツールを紹介しています。

これも分りやすい。

観光ブランドアナライザーは、
観光地のパワーを3つの観点で行なうもの。

1 ポジション(相対的位置)
2 パーセプション(受容性)
3 ポテンシャル(潜在力)

この観点から、「体験価値」「インフラ価値」「情報価値」
についてスコアをつけるものです。

□体験価値   そこでの体験への期待
□インフラ価値 交通の便や宿泊施設への期待
□情報価値   情報によってもたらされる期待

グッドバランス型の典型は、京都。
体験期待型の典型は、沖縄。
つまり、インフラはそんなによくないけれど、
情報が豊富にあって体験できることの価値が高い
と見なされる地域。

インフラ先行型の典型は、大阪。

  ★ ★ ★

こう並べれば、当然、与論島は体験期待型、ですね。
与論島では、何が体験できるでしょう。

・ぼーっとすること。
・ダイビング
・タラソテラピー
・人情
・流れ星に願いごと
・海、空を満喫
・亜熱帯魚釣り?
・療養
・潜伏?
・砂糖きび刈り
・恋
・SOHO

交通のインフラとインターネットの整備によって、
観光と住むことの中間領域に、
大きな体験機会が埋まっているように思えますね。

・波の音を聞きながら寝る
・台風
・ヨロンマラソン
・パナウルウォーク
・漂着物
・亀の産卵
・大きな昆虫たち
・ヤモリの鳴き声
・・・

まだまだあるこれらの要素に、
与論のオンリーワンを掛け算して初めて、
地域ブランドとしての与論島の体験価値が
浮き彫りになるのでしょうね。

それにしても楽しい作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/09/17

愛すべき奄美

グーグル・アースで、
奄美諸島を、試みに南を上にして切り取ってみました。

ただ、それだけです。m(_ _)m

Amami2006















その近代、

琉球の身体性と薩摩の共同性との
二重の疎外を生きた奄美。

愛すべき奄美。

おつかれさま、と言ってあげたくなります。

そして、亜熱帯の陽射しを浴びるように、
その地理と歴史を浮かび上がらせようと、
声かけたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/14

地域ブランドとしての与論島 3

ふたたび、博報堂の『地ブランド』をガイドにしてみます。

『地ブランド』曰く。

強いブランドに4つの特徴あり。

 1.オリジナリティ
 2.ブランド・アイディア
 3.インターナルの信頼
 4.継続性

まず、オリジナリティは、ブランドの命。
「オンリーワン性」が重要な価値を持つ、と。

そういえば、与論は、
「人と自然が輝くオンリーワンの島」と謳っていました。

「地域再生計画」によれば、目標として、
・観光関連産業分野における雇用及び起業家数 41名
・特産品関連分野における雇用及び起業家数  22名
・SOHO分野における雇用及び起業家数   21名
・UIターン人材確保数           20名

これらの目標を達成するために各事業を推進している、
とありました。

頻繁に「先進地へのリーダーの派遣研修」、
「専門家を講師に講習会」とか出てくるのは気になりますが、
たとえば、「ツアーガイド育成」はいいですね。

ぼくもひとり、ピッタリのうばんか(おばさん)を
すぐに挙げることができます。
人材豊富なんではないでしょうか。

「観光地づくり」「特産品づくり」「暮らしづくり」の
3要素でいえば、
どれに対しても取り組んでいることが分ります。

   ★ ★ ★

もとに戻って、与論のオンリーワン性は何でしょうか?
オリジナリティがあるのは、
直感的体感的に疑う余地がないので、(^^;)
次に行くと、「ブランド・アイディア」です。

与論のオンリーワン性をひとことで言えば?

こう問いを立てるといろいろありますね。

「ガジュマルの森」
・与論島の守護神的存在にスポットを当てて。

「浮かぶ島」
・百合が浜にスポットを当てて、かつ、
 木の葉のように浮かぶ島から採ってみました。

「無限歓迎の笑顔」
・いつ行っても他では得られない無類の笑顔で迎えてくれるので。

そういえば、何十年も前から、
「東洋に浮かぶ一個の真珠」と言われます。

あれは、ひとことで言えば、の名回答のひとつですね。

「帰ってきたぞと言える島」
・かつてクイーンコーラルの船内で接岸のとき、
「帰ってきたぞー」と叫んでいる旅人がいました。

「おかえりなさいと迎える島」
・返す言葉として。

「たゆたふ島」
・島も光も心もたゆたってますね。

「花と珊瑚の島」
・そういえば、パナウル王国はこの表現でもありますね。

「琉球弧の秘蔵っ子」
・(^^;)?

お粗末です。でも楽しい作業ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/09/11

グーグル・アースのヨロン

グーグル・アース(Google Earth)で接近してみれば、
与論島も見えてくる。

与論島も地球のひとつということ、
よく分る。

Yoron_jima2006














積乱雲めいた雲も、
リーフもくっきり見えてくる。

もっと接近すれば、

Nama2006_2














まず、「Ashito」の表記に出会う。きっと朝戸。
それから、「Kano」(叶)、「Nama」(那間)、「Mugiya」(麦屋)と続く。

さらに、「Chabang」の表記に。
これはきっと「茶花」。

まるでマルコポーロがジパングと記したみたい。

そしてそして、少し引けば、琉球弧が見えてくる。

Ryukyuko2006


















このゆるやかな連なりがいい。

グーグル・アースの感性体験は何をもたらす?

琉球弧の連なりの発見。
ヤポネシアの連なりの発見。
へその緒のような与論島。
消える国境線。
大陸のリーフのようなヤポネシア。

それからそれから。

Leef2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/08

地域ブランドとしての与論島 2

「地ブランド」という考え方が出てくるのは、
「地域」が商品と見なされるようになったことを
意味していると思います。

「地域」が商品となるのは、
地域が、使用価値だけではなく
交換価値を持ったということでしょう。

そうなるには、不動産が売買の対象になるという
従来からあった動きに加えて、
地域が移住の対象として見られるようになった
背景があると思えます。

与論島が、出身者にとっての出る/出ないの
選択肢を持つという次元に対してもうひとつ、
島外出身者が住むという選択肢が特別なものでは
なくなったということです。

そこで、地域ブランドとしての与論島というテーマも
本格的に取り組むべきテーマとして浮上してくるのでしょう。

    ♪  ♪  ♪

さて、地域ブランドを考えるときの難しさというか、
気をつけたいことは、
商品「ブランド」を考えるときと同じ気がします。

地域ブランドを構想する上での
ぼくの提案は、「ロイヤルティ」と「ファン」という
言葉を使わないということです。

「ロイヤルティ(忠誠心)」を使わない。
企業や商品にロイヤルティを持つということに
リアリティが感じられないからです。
自分を振り返ると、よく分ります。

「ファン」を使わない。
ファン、というのはかなり強い支持者です。
ファンでなくても、その手前の「与論好き」も大事な顧客です。
またそうそうファンになるものでもありません。

ブランドを云々すると、ロイヤルティやファンという言葉が、
企画書に踊り勝ちですが、単なる言葉遊びになりがちです。

この二つを禁句にしてみる。

そうすることで、地に足のついた地域ブランド議論が
できるのではないか、と思います。

能書きばかりになってしまいました。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

地域ブランドとしての与論島 1

博報堂が、地域ブランドに着目して、
『地ブランド』という本を出しています。

地ブランド 日本を救う地域ブランド論

Zibrand_1





それに触発されて、
与論島ブランドを考えてみたくなりました。

地域ブランドは、

・観光地ブランド
・特産品ブランド
・暮らしブランド

の3ブランドで構成されるという説明がまずあります。
これはとても分りやすい。

行きたい街、買いたい街、住みたい街の3本柱。
どの要素を強化するかは、地域の現状で異なる、
とあるのですが、これに倣って与論島の強化バランスを
勝手に考えてみます。

与論島ブランドの強化要素(全体を10とすると)

・観光地ブランド 5 ★★★★★
・特産品ブランド 3 ★★★
・暮らしブランド 2 ★★

としてみました。

まずは、なんといっても観光ブランド。
行ってみたい街として、
いいポジションにつけているしポテンシャルはそれ以上に高い。
与論島に行って満たされて帰る、
というのが、この街の味わい方の基本だと思います。

ついで、特産品。
黒砂糖、じねん塩、黄金酢、有泉・・と並ぶ特産品の強化。
与論島を思い出させる特産品はもっとあっていいですね。

そして暮らしブランド。
これは、すみたい街でなくていいという意味ではありません。
島の人が、誇りを持って住むことが何より
大事だということに変わりはありません。

強化要素として低いのは、
住む人の数を増やすことで自立するのではなく、
行く(訪れる)人の数を増やすことで自立する
という考えからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »