« せりあがる『ハイ・イメージ論』 | トップページ | 冥王星の自己像更新 »

2006/08/17

太陽系の自己像更新

太陽系の惑星の数が、9個から12個になろうとしています。
国際天文学連合(IAU)発表の新定義案によれば。

新しい仲間は、セレス、カロン、2003UB313。
新しい仲間と言っても、惑星たちは突然、出現したわけではなく、
もともと存在していたのだけれど、
ぼくたちが発見あるいは見直したから、
新たな仲間になろうとしているわけです。

Solar_system_new






太陽系は自己更新します。
12個の新たな自己更新像です。

ぼくたちは宇宙について、
より理解を深めたことになるのでしょう。

ぼくはといえば、
この事態を星占い屋さんは
どう解釈、説明するのだろうと、ちょっと興味があります。
ここが腕の見せ所なんでしょうか。

そして、いつもの通り与論島を思います。
与論島も、太陽系の画像のように美しく、
ぼくたちの心を捉えます。

太陽系は科学が発達したと当然のように思われている現在でも
その自己像を更新しようとしています。

与論島だって、その自己像を更新していいのです。

しかも太陽系はその更新を、
減算ではなく加算で行おうとしています。

与論島の自己像更新も加算で行っていいはずです。
いまあるものの発見によって。
実は、もともとあったんだ、と。

加算による与論島の自己像更新。
やってみたいですね。

太陽系の自己像更新は、
宇宙規模の励ましみたいなものではないですか。

|

« せりあがる『ハイ・イメージ論』 | トップページ | 冥王星の自己像更新 »

コメント

 お久しぶりです。自己更新しているつもりです。パソコンまだ理解してませんが。書き込めたらいいけど・・。

投稿: awamorikubo | 2006/08/19 04:10

書き込めています。ご安心ください。
そうですね。与論島はいつも何か新しいものを感じさせてくれますね。

投稿: 喜山 | 2006/08/21 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系の自己像更新:

« せりあがる『ハイ・イメージ論』 | トップページ | 冥王星の自己像更新 »