« 未来のイチローからの贈り物 | トップページ | 東京榕樹 »

2006/08/03

<癒す島>

はにかむようにうつむくけれど、
想いはきっと届いてる。
緑に映える花の赤も助けてくれる。
ハイビスカスは「ありがとうの花」だから。

白砂の汀に寝そべってごらん。
足元をそっと波がなでるよ。
うたた寝しても大丈夫。
ここは世界で一番、陸と海が優しく触れ合うから。

ガジュマルの木陰に腰かければ、
木の根が降りる。風が頬をなでる。
ティダにゆらゆらヲゥギが揺れる。
このまま全て溶けてしまえばいい。

願う人が後を断たないから、
星は流れつづけるの?
そう、それにいつ来ても願えるように
夜空は星の銀で埋め尽くされているんだ。

枝と枝の間を、
しゃなりしゃなりとツノダシが横切る。
珊瑚の森は、原色お洒落さんの晴れ舞台。
透明なたゆたいから、すべては生まれた。

Moolish_idol07_2






この地を初めて踏んだ人のように、
厳かに珊瑚岩の谷間を進む。
カソコソとアマンが迎えてくれる。
あいさつをしよう。この島の先住民に。

エメラルドの緑光る珊瑚礁。白波立つリーフ。
深み湛えた海の蒼。境なく続く空の蒼。
もくもく伸びる白銀の雲。
どこまでもどこまでも、島。


 ※ティダ=太陽
 ※ヲゥギ=砂糖きび
 ※アマン=ヤドカリ

|

« 未来のイチローからの贈り物 | トップページ | 東京榕樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/11210966

この記事へのトラックバック一覧です: <癒す島>:

« 未来のイチローからの贈り物 | トップページ | 東京榕樹 »