« <癒す島> | トップページ | せりあがる『ハイ・イメージ論』 »

2006/08/08

東京榕樹

東京でガジュマルは育つと思いますか?

心配無用でした。
今年の梅雨の長雨もなんのその。
与論産のガジュマルの発育には何の影響もありませんでした。

いまも夏の日差しを浴びてすっくすっくと育っています。
恐るべし、ガジュマルの生命力。

この生命力があるから、
与論島の守護神として君臨してきたんだなと
独り合点しています。

Gajumaru









写真は、上から撮ったもの。
撮ったとき、少し不遜な気がしました。
守護神を上から撮るなんて、
という柄にもない気持ちが過ぎったからでしょうか。

でも、太陽(ティダ)から見れば、
ガジュマルはこう見えるんですね。

約280枚の葉っぱたちは、
空に向かってお日さまに向かって、
届きたい届きたいと、
言っているよう。

そんな風に見えませんか?
ガジュマルの心意気。

がんばれ。
大きく育て。


この東京榕樹は、
与論榕樹へ戻る日が来るでしょう。

それはやっぱりガジュマルも嬉しいでしょうね。

|

« <癒す島> | トップページ | せりあがる『ハイ・イメージ論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/11316356

この記事へのトラックバック一覧です: 東京榕樹:

« <癒す島> | トップページ | せりあがる『ハイ・イメージ論』 »