« 太陽系の自己像更新 | トップページ | 地域ブランドとしての与論島 1 »

2006/08/28

冥王星の自己像更新

太陽系の自己像更新は、セレス、カロン、2003UB313を
加えるのではなく、冥王星を除くことで落ち着きましたね。

よって太陽系は9惑星から8惑星と自己像を更新することになります。
世界とは世界の理解の仕方であるということがよく分りますが、
今回は「惑星の定義」によって更新された理解像です。

 1.太陽を周回する
 2.自己重力で球体になるのに十分な質量
 3.その軌道周辺に類似の天体がない。

この理解がどう安定し、またどう揺らいでいくか、
長い目で見ていきましょう。

ぼくは、やはり星占い屋さんがどう解釈するのか楽しみなんですが、
この出来事は、太陽系の自己像更新というだけでなく、
冥王星の自己像更新の機会にもなっています。

冥王星は、太陽系の惑星という自己像から、
「矮惑星であり、トランス・ネプチュニアン天体の新しい種族の典型例」
へと自己像を更新しました。

ちなみにトランス・ネプチュニアン天体とは、
「海王星より遠方にあって太陽の周りを回る天体」
のことだそうな。

8planet





与論島のことを思えば、太陽系の自己像更新より、
冥王星の自己像更新になんとなく目が行ってしまいます。

なぜって、冥王星も端っこですが、
与論島も端っこ的運命を担ってきたからです。

島津藩による琉球から奄美割譲の際の端っこ。
1953年日本復帰のときの端っこ。
1972年沖縄返還までの日本の端っこ。

端っこと、こう書くだけで心惹かれるのはどうしてでしょうね。
端っこは、その位置にあることで、
ある花を咲かせるといいます。

与論島の咲かせる花は何でしょう。
冥王星が小さいながら、大きな楕円を描くように、
与論島も小さいながら、大きな何かを描いているのではないでしょうか。

たとえば、百合が浜もそのひとつ。
百合が浜は、与論島のなかの与論島。
それは浮き沈みを繰り返すから島にはなれないけれど、
島である瞬間は、
真っ白く優しく、人を迎える中心になります。

百合が浜を中心に考えれば、
与論島は陸といえども時に海に姿を隠します。
陸らしくないのです。

そういえば冥王星も固体だといってもその主成分は氷。
岩石を主役にみれば、惑星らしくないですね。


与論島が端っこであることで咲かせる花は、
日本との境界、海と陸の境界をゆらめき、
その境界をならして見えなくすること。

と、記しておきます。

|

« 太陽系の自己像更新 | トップページ | 地域ブランドとしての与論島 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星の自己像更新:

« 太陽系の自己像更新 | トップページ | 地域ブランドとしての与論島 1 »