« 幸せの絶頂 | トップページ | 与論島クオリア »

2005/10/30

与論島のどこでもドア

与論島にこそインターネットはふさわしい。
インターネットは世界につながるどこでもドアだ。

どこにとっても誰にとっても
インターネットはどこでもドアなのだけれど、
地の利がなく、行政区分としても素直な自己表現を阻まれている。
そんな立場に置かれた与論にとって、それは切実だ。

地の利が不利にならず、行政区分の中でものを言わないとすれば、
世界に向って直接、自己表現するしかない。

だから、ADSLやほどなく訪れる光ファイバーの普及は
福音に近い出来事に思えてきた。
それに尽力する方たちに敬意を払いたい。


そこでぼくたちは本来的な問いの前に立つ。
どこでもドアをつくることから、
どこでもドアを活かすことへ。

与論島のどこでもドアをどのように活かすのか。
それはとても肝になること。

認知は購買を保証しないけれど、
理解は購買を促進する。
そして、理解はコミュニケーションによって得られるから。


でもいまはその手前に立ち止まろう。
この、どこでもドアは、それを活かそうとするなら、
どこでもドアに合ったコミュニケーション・リテラシーを持とう。


原則はシンプルに挙げられる。

・インターネットは、意見交換ではなく事実共有に向いている
・インターネットは、ネガティブではなくポジティブな話題に
 向いている。
・インターネットは、アナログを出口にして初めて生きる。

与論島を「好き」という人のネットワークをつくるとき、
与論のポジティブな事実を共有するといいのだ。

そしてもうひとつ、インターネットという仕組み自体が持つ
ネガティブな側面に対応する力にもなる。

残念なことに、
インターネットは匿名性と個別性(一対一につながる)
という回路を通じて、対面では吐露できない、
小心さと卑屈さと独りよがりの心情を解放する場を
提供してしまった。

それに対抗していけるのは、
インターネットからリアルの世界へ、
匿名に頼らずにリアリティを保てるふつうの感覚だ。

会おうという進言の前にただの人に戻るクレーマー。
レスポンスを妄想成長の糧にしてしまうストーカー。

どちらもどこか仮想でしか生息できないキャラクターを
リアルと履き違えてしまう状態で生まれている。
こんな病態に美しい与論島は負けないようにしよう。
純粋な相互扶助がありうると教えてくれていた与論島だから。


与論島が、ポジティブを伸ばしネガティブに賢明に対する
コミュニケーション・リテラシーをもって、
どこでもドアに臨むことができたら、最強アイランドだ。

|

« 幸せの絶頂 | トップページ | 与論島クオリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与論島のどこでもドア:

« 幸せの絶頂 | トップページ | 与論島クオリア »