« 与論という絶対 | トップページ | 与論島のどこでもドア »

2005/10/13

幸せの絶頂

8月、ぱーぱーの百か日の翌朝。
あんまーとあんにゃーと与論の話をしていると、
宇和寺の家を、やすひでうじゃが訪ねてくれた。

のどかな朝。
やすひでうじゃも話の輪に加わり、しばし歓談。

ひと息つくと、うじゃは、唐突にあんまー(お袋)に、
「あんたは今、幸せの絶頂だからぼくが邪魔したらいけないね」、と。

「幸せの絶頂?」

「あんたは、自分の息子と久しぶりに会って話してるでしょう。
そういうときが一番、幸せでしょう」

うじゃとあんまーは同級生だ。

うじゃは続けて話してくれた。

「ぼくもそうなのよ。タビから子どもたちが帰ってくるでしょう。
それまでは、心配してることがいっぱいあって、
あれも言おうこれも言おうと思ってるんだけど、
実際、会うと、それがどっかにいっちゃって。

もう、ただニコニコしてるわけよ。
あんたも分かるでしょう?」


なるほど。それで、幸せの絶頂。


「幸せの絶頂」とは、
愛する人がそばにいて、
日ごろの雑念や心配が飛んでしまうこと
と、みつけたり。

うじゃはいつもの笑顔を絶やさずに、
原付で帰るのでした。

いい朝といい言葉を、
とおとぅがなし。うじゃがなし。

|

« 与論という絶対 | トップページ | 与論島のどこでもドア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/6377455

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの絶頂:

« 与論という絶対 | トップページ | 与論島のどこでもドア »