« 元ちとせの南の風 | トップページ | 『ヨロン今昔』、見つけました »

2005/06/12

アフリカマイマイ、いずこへ

昨日の琉球新報に、体長18.2センチメートルの
アフリカマイマイが見つかったとあったようだ。
沖縄一ではないか、と。

昔は与論島にもアフリカマイマイがいた。
というか、いつの頃からか島では全く見かけなくなった。
島内にはいなくなってしまったのだろうか。

アフリカマイマイは害虫の最たるものだった。
見つけたら、塩をかけるか石をぶつけるかしたものだった。
その殻が、やどかりとそっくり、というか同じだったから、
やどかりと思って、つかむと中からにょろっと、
あの紫がかった土色のかたつむりが出てくるのだ。

そういう名だからアフリカ原産なのだと思う。
でも食用で移植されたと聞いたことがある。

あじさいに可愛く乗っかることもできず、
巨大な身体で野菜を食べてしまうから嫌われてしまった。
与論島のアフリカマイマイはもういなくなってしまったのだろうか、
いなくなったとしたらそれはいつのことだったろう。

そのうち調べてみたい。

|

« 元ちとせの南の風 | トップページ | 『ヨロン今昔』、見つけました »

コメント

20年前まではまだいっぱいいましたが、死にいたる寄生虫、「広東住血線虫」持っていて
5年程前に沖縄で感染報告多くマスコミで大きく取り上げられてからは駆除が進んだものと
思います。島外持ち出し禁止になってます。

投稿: 茶魔 | 2005/06/26 03:10

『素顔のままにヨロン』にいらしてくださって、コメントも有難うございました* 実は4月から移住しました私もアフリカマイマイと濃い紫の体をしたなめくじに驚いていたので、そのうち題材にと思っていました・・・ 視点が似ているのかな・・・と勝手ながら思ったりしました。実際、アフリカマイマイは健在でして、初めて見た時はとても驚きました 時に丘ヤドカリが中に入って暮らしている事もあるそう* ヤドカリは好きでして、ブログにも「仮の宿は? Yadokari Midnight」の題で出ています* 是非またいらしてください そしてヨロンにいらっしゃる時もお声かけてくださいね*

投稿: Aris | 2005/07/17 22:36

コメントありがとうございます。
アフリカマイマイは健在なんですね。
昔は(今もでしょうけど)、害虫として嫌われていて、見かけたら塩を投げたりしていました。
でも、独特の雰囲気ありますね。
小さいときは、ヤドカリと思って手に取ったら、
アフリカマイマイだったってことも結構ありました。

アフリカマイマイの作品、楽しみにしています。

投稿: 喜山 | 2005/07/18 18:30

だいぶ 少なくなりました。朝戸集落におおくみかけます。今年冬の寒波のせいでしょうか    あまりみかけませんですね。

投稿: たけ もりくぼ | 2005/08/11 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフリカマイマイ、いずこへ:

« 元ちとせの南の風 | トップページ | 『ヨロン今昔』、見つけました »