« ぱーぱーぬやー(祖母の家) | トップページ | 与論島慕情 »

2005/05/06

ハイビスカスとオランウータン

_025

与論島ではそこかしこにハイビスカスが咲いている。

歩けば当たるというくらい、ハイビスカスは目の端にあった。印象だけで言えば、年から年中、咲いていた。

そしてぼくにとっては、ハイビスカスといえばオランウータンの好物、である。

少年の頃、与論島は観光ブームのただなかにあった。南の最果てというイメージもあった。

そこで、というわけでもないだろうが、
近所のホテルには、オランウータンがいたのだ。
本当である。たしか、テナガザルもいた。

1970年代のはじめの頃。
南の島の演出のためだったのだろうか。
やれやれ、である。

が、子どもには、無料動物園だった。

しかも檻から距離がなく、間近に見れる動物園だ。

学校の帰り、無料動物園に寄るのはちょっとした
楽しみになっていた。

そのとき、歩けば当たるハイビスカスをちぎって
その花を上げたところ、美味しそうにほうばるのだ。
オランウータンは。

嬉しくなって、ハイビスカスをちぎっては手渡していた。

そこで、

 ハイビスカス=オランウータンの好物

という図式ができあがった。


ある日のこと、いつものように学校帰りに寄って、
ハイビスカスをあげようとしたら、鞄を奪われた。
なにしろ相当な腕力だ。

一瞬、綱引き体勢になったがあっという間だった。

子どもの手から簡単に奪うと、中を漁りはじめた。
鞄の中には、給食のあまりのコッペパンが入っていたのだが、
それをとってオランウータンは美味しそうに食べたのだ。

しばらくすると、ホテルの人がやってきて、
オランウータンから鞄を取り戻してくれた。

いま思えば、腕を引っ張られずによかったと思うのだが、
かなりな接近遭遇体験だった。

あのオランウータンはその後、どんな運命を辿ったのだろう。
ハイビスカスを見ると、そのことを思い出す。

|

« ぱーぱーぬやー(祖母の家) | トップページ | 与論島慕情 »

コメント

あいつには私も小学校時代釣竿とられて折られました。
よく後ろ向きに小便も飛ばされました^_^;
病気で死んでしまいましたね。

投稿: 茶魔 | 2005/06/26 03:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/4013410

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビスカスとオランウータン:

« ぱーぱーぬやー(祖母の家) | トップページ | 与論島慕情 »