« なんくるないはへこたれない | トップページ | 格さん、助さん、漕ぎなさい »

2005/04/27

オープンなサンクチュアリ

hubama

この写真は去年、2004年の8月4日に携帯で撮った。

ふばま、とぼくたちは呼んできた。「小さな浜」という意味になると思う。

少年の頃は、学校から帰るとよく遊びに来た場所で、島を離れてからは、帰ったら、「ただいま」と、島を離れるときは、「また来る」と、つぶやくのが常になった。いつも、ふばまに立つと言葉を失う。帰ってきた実感があふれるのはもちろんだけれど、こんなにきれいだったのかと言葉を無くすのだ。

ふばまはサンクチュアリだ。

でも、小さな頃から観光はブームだったし、
特に新婚旅行のメッカにもなっていた。

だから、若い人でにぎわうことも多かった浜辺だ。
それは嫌なことではなかった。
もともとぼくの海というわけでもないのだから。

思うに、オープンなサンクチュアリだ。


今日で、祖母の百五歳の誕生日から二日経つ。

|

« なんくるないはへこたれない | トップページ | 格さん、助さん、漕ぎなさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープンなサンクチュアリ:

« なんくるないはへこたれない | トップページ | 格さん、助さん、漕ぎなさい »