« 「たとえいくぶん薄暗かったとしても」 | トップページ | 「ものを書く上での孤独」 »

2010年2月 1日 (月)

「静かな革命」

吉本 僕が思うに、鳩山由紀夫という人が、今やろうとしていることを、「そんなうまくいくか」とか言わないで、ゆっくりと静かな革命をしようとしている、と正直に捉えてあげてもいいんじゃないか、と思いますよ。それだけの能力はあると思いますし、民主党には、それだけの人材はいると思うんです。一見、革命と見えないような形でそれをやろうとしている。やり方がまずい以外には失策はないと思います。それに、とてもいい時期だと思いますから、やればいいのに、と思いますけどね。気後れすると、よりラディカルなことを言う政治党派か、保守派の大企業みたいな資本家、どちらかに偏りやすいんですけど、だけど両方に偏らない。そのあたりはうまくやっていくと思いますけどね。危惧もたくさんありますよ。あんなに善良で、気が強くない人が、そういう風に頑張れるかな、と。でも、粘り強く、自分たちの思うことを貫いてくれたら、静かなる革命が成就すると思っていますけどね。


『BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 2/15号』


Brutus1_3

|

« 「たとえいくぶん薄暗かったとしても」 | トップページ | 「ものを書く上での孤独」 »

3.思想は生きる糧」カテゴリの記事

コメント

早速、注文しました。

投稿: tssune3 | 2010年2月 2日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/47452375

この記事へのトラックバック一覧です: 「静かな革命」:

« 「たとえいくぶん薄暗かったとしても」 | トップページ | 「ものを書く上での孤独」 »