「凄く、楽しい本」

 『10年商品をつくるBMR』の感想をいただきました。
 「凄く、楽しい本」とありました。

 「読んでいて嬉しくなっちゃった!」と。

 ん~、ありがたい感想ですが、この本がどうして「嬉しくなるんだろう」。不思議です。
 そう思って読み進めると、

ほんとに 現場でマーケティングをしている人達は 素敵です。 |ヤマサの人も カルビーの人も  物凄く会ってみたくなりました。

 とあり、これなら合点がいくと思いました。
 マーケターの製品開発をめぐる「生の声」は、子育てにも似て、商品への愛情に溢れているから、話を聞いている方も、愛情をもらえるんですね。それはよく分かります。

 この方は、去年、金髪のヤンママが赤ちゃんにかっぱえびせんを食べさせているのを見て、こいつ何を考えているんだと、一人で怒ったけど、あとで赤ちゃん用のかっぱえびせんがあるのを知ってびっくりしたそうです。誰もが知っているかっぱえびせんならではのエピソードですね。

 嬉しい感想文のご紹介でした。

 さて、『10年商品をめぐるBMR』は、書店以外では、「アマゾン」と「eBookJapan!」で買うことができます。
 「アマゾンは、1600年。「eBookJapan!」は500円(2008年1月12日まで)です。
 なんか、こう書くと、一物二価みたいですが、本と電子書籍の違いです。


 『10年商品をつくるBMR』

 ◆書籍バージョン   1600円(税抜き)
 ◆電子書籍バージョン 500円(税抜き)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『10年商品をつくるBMR』を電子書籍化しました

 『10年商品をつくるBMR』を電子書籍化しました。
 「eBookJapan!」に出ています。


 『10年商品をつくるBMR』(電子書籍)


 年末に「ebookjapan」の店頭に並んだので、出したてのホヤホヤです。
 目下、ありがたいことに、総合図書週間売上ランキングの3位につけています。
 よかったら見てやってください。

 いま、500円(税抜き)ですが、これはオープニング価格で、12日からは700円(税抜き)になります。のんびり構えていたら、500円の期間終了が目前に迫ってきたので、慌ててご案内しています。ごめんなさい。

 電子書籍。いままで、関心はあるものの電子書籍で読むという行為の実感が湧かなかったのですが、「ebookjapan」のビューアーをダウンロードしてみたら、見やすいのにびっくりして、電子書籍化に踏み切りました。『働きマン』など、ぼくはここの立ち読みで知ったくらいでした。(^^;)

 そうそう。『10年商品をつくるBMR』(電子書籍)も立ち読みできるので、見てください。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

競合製品の決め方

 競合製品Cの決め方メモ。

 競合製品は、製品PのベネフィットBとウォンツWの双方からアプローチすることができる。

 開発段階:同じベネフィットBを持つCが競合製品。(B-C)
 販売段階:同じオケージョンOで同じウォンツWを持つCが競合製品。(OW-C)

 cf.『10年商品をつくるBMR』




| | コメント (0) | トラックバック (0)