« Q15.使えない文字や記号はありますか? | トップページ | 『進化しすぎた脳』のクオリア注 »

Q16.メリハリをつけたい時はどうすればいい?(1)

A.項目別に記号をつけます。

 eメールの読みやすさには、文章の読みやすさの他に「見やすさ」の要素があります。「見やすさ」から入っていきましょう。

 eメールを書くときに、ポイントがいくつかあって、それらを並列したいときは、●、○などの記号を使うと、見やすくなりメリハリがつきます。

 □タイトル
 ・本文で最も伝えたいエッセンスを書きます。文字数は20文字以内に押さえて、重要なキーワードは左に寄せます。
 □結論
 ・eメールの冒頭20行を目安に本文の結論や要約を書きます。罫線や記号を使って強調すると、よりメッセージ性が高まります。

 記号は、面積が大きく塗りつぶしてあるものが目立ちます。用件に応じて強弱をつける工夫ができます。
 ■●◆★◎□○◇☆・(左側がより目立つ)


 電子書籍 >>> 『困ったときに見るeメールの書き方Q&A100』

|

« Q15.使えない文字や記号はありますか? | トップページ | 『進化しすぎた脳』のクオリア注 »

9.★『困ったときに見るeメールの書き方Q&A100』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Q16.メリハリをつけたい時はどうすればいい?(1):

« Q15.使えない文字や記号はありますか? | トップページ | 『進化しすぎた脳』のクオリア注 »