« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年バレンタインデイの「自分へのご褒美」チョコは昨年の7割!?

 「クチコミ@係長」によると、2009年のバレンタイン・デイに「自分へのご褒美」が書かれているブログの記事数は、301で、昨年の423に対して約7割に止まった。

2_3

 この減少を景気の影響と見ることもできるが、バレンタインデイ以外の日の出現数が、やや低調に止まっているのをみると、そのまま景気の規模と見るのではなく、イベント当日の気分としてみたほうがいい気がする。

 301の出現数は、去年の7割に止まるとはいえ、2009年に入って以降の最大数であるには違いなく、また、2008年の年間を通した推移のなかでも、年末に次ぐ数だ。バレンタイン・デイが「自分へのご褒美」ニーズのピークという仮説は妥当性があるように思う。


 ※「2009バレンタインは、「自分へのご褒美」のピークになるか」



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009バレンタインは、「自分へのご褒美」のピークになるか

 「自分へのご褒美」がキーワードとしてブログに書かれる数が年間で最も多く書かれる月は何月だろうか? それは予想に違わず12月、だ。なんといってもクリスマスがあり、冬のボーナスもあり年末年始も控えている。

 では、「自分へのご褒美」がキーワードとしてブログに書かれる数が年間で最も多く書かれる日は何月何日だろうか?

 ぼくはびっくりしたのだが、「クチコミ@係長」で調べると、2008年は2月14日、なのである。そう、バレンタイン・デイなのだ。

 どうしてバレンタイン・デイに「自分へのご褒美」が最も多く書かれるのだろうか。そもそもその日は、女性が男性に告白する日ではないのか。と、思うとしたら、その感じ方はもはや古典的かもしれない。

 その日は、何といっても「自分へのご褒美」チョコの日、なのである。

Photo_5


 これを見ると、バレンタイン・デイはクリスマスより群を抜いて高いのが分かる。

 個々のブログを見ても、企業キャンペーンの影響で数が多くなっているわけではない。企業キャンペーンも見られるが、それが数を一番にするほどの影響を与えていない。「自分へのご褒美」チョコのニュース報道を受けた記事が散見されるとはいえ、消費者が自発的に書いたキーワードが「自分へのご褒美」だった。

 ブログの声から読み取ると、

・義理チョコ廃れて、自分へのご褒美チョコ台頭
・高いチョコは自分に
・前からやってた
・VDは、好きなだけチョコを食べていい特別な日
・月に一回、自分へのご褒美

 こんなポイントが浮かび上がってくる。

 さて、2008年に続き、2009年の今年も、バレンタイン・デイが「自分へのご褒美」のピークを形成するか、興味深いところだ。ちなみに、2月に入り7日までの「自分へのご褒美」数は、2008年1049だったのに対して、今年は857とやや低調だ。この推移がどうなっていくか、追ってゆこう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »