« 「お客さま学」のゆうべ | トップページ | 2009バレンタインは、「自分へのご褒美」のピークになるか »

マーケティングをひと言でいうと

 マーケティングをしている、と言うと、ときどき胡散臭そうに見られることがある。心外である(苦笑)。

 その理由の核にあるのは、売れないモノまで売れるようにする、というような消費者操作の雰囲気ではないだろうか。でもそれは、易きに流れたときに見せる一面であり、しかもいまのマーケティングは、消費者操作の無効性を組み込むようになりつつある。

 胡散臭さのもうひとつの理由は、マーケティングに該当する日本語が見当たらないからだと思う。マーケティングは広い。広告も販売促進も市場調査も商品開発もチャネル開拓も、そのどれもマーケティングであり、そのどれかのみではマーケティングの全体観に届かない。ひと言でいうことはできるだろうか。

 マーケティングは分解すると、market ing だから、市場を活性化することと言うことができる。市場活性化、だ。結局は、消費者の理解からすべては始まる、と捉えれば、消費者理解と言うこともできるかもしれない。しかし、市場活性化には、消費者不在の不安が生じるし、消費者理解には、消費者への提案というニュアンスが削がれる。

 ぼくがマーケティングの定義で、最も適切だと思っているのは、BMRだ。

マーケティングとは、環境(E)を考慮しつつ消費者のウォンツ(W)と製品・サービスのベネフィット(B)を結びつける創造的かつ総合的活動をいう。(『10年商品をつくるBMR』

 この定義は、マーケティングに欠かせない主役の二者を登場させているのが魅力だ。これに添って言えないだろうか。

 マーケティングとは何か。消費者の欲求と製品の価値を結ぶこと。
 もっとつづめると、欲求と価値を結ぶこと。欲求と価値の連繋。

 欲求価値連繋。こんな熟語じゃ分からない。消商連繋も無理がある。
 やっぱり、欲求と価値の連繋、だろうか。

 マーケティングって何?
 欲求と価値を結ぶこと。

 仮の回答としておきます。



 

|

« 「お客さま学」のゆうべ | トップページ | 2009バレンタインは、「自分へのご褒美」のピークになるか »

2.モデルを育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーケティングをひと言でいうと:

« 「お客さま学」のゆうべ | トップページ | 2009バレンタインは、「自分へのご褒美」のピークになるか »