« 消費者はなかなか生活者になれなくて | トップページ | ほっとニュースがほしい »

「静か」というベネフィット

 「静か」というベネフィットが顕在化しています。

 ※人気は「低騒音」 家電メーカー“静かな争い” 「夜カジ族」増加に対応

 「低騒音」の生活家電。

「土日に遠出するために、金曜夜に掃除機をかける家庭も少なくない。

 という生活スタイルにも対応したものだといいます。

 ドラム式洗濯機のベネフィットにもこれがありました。「静かだから」、「早朝に」、「来客中に」、「深夜に」選択できる、というわけです。「静か」ということが、オケージョンの選択肢を増やすのが価値になっているのですね。


 そういえば、昨日は、「電車内のヘッドフォン音量、『注意する』8.9%」という「音」にまつわるニュースもありました。

 このつながりでいえば、ぼくは最近、電車内のヘッドホンよりも、新聞をめくる音が気になることがあります。通勤時、新聞をたたんで読む、読み方がありますね。あれです。あれを隣の席でやられると、とてもうるさく感じるということが、ここ何度かありました。

 これは疲れているからなのか、たまたま威勢のいい音を出すめくり方だったのか、よく分かりません。ですが、「音」に敏感になっているのかもしれないなとは思って反省したりしています。




 

|

« 消費者はなかなか生活者になれなくて | トップページ | ほっとニュースがほしい »

2.モデルを育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「静か」というベネフィット:

« 消費者はなかなか生活者になれなくて | トップページ | ほっとニュースがほしい »