« ほっとニュースがほしい | トップページ | 『走る女たち』 »

話し言葉の時代

 ブログは書き言葉では書きにくいなぁと思っています。というか、もともとマーケティング屋さんとしても、ブログは話し言葉で、と勧めてきたわけです。ところが自分自身は、話し言葉にするとぎこちなく、書き言葉で文章を凝縮するように書くと乗れる気がして、しばらく書き言葉で書いていました。

 けれどもそれも違う気がする。個人的には書きやすくなるけれど、どうも現実との呼吸がうまくできていない気がしてきます。もしかしたら問題なのは、話し言葉自体にあるのではなく、ぼくの話し言葉の書き方が、単純に書き言葉の語尾を「ですます調」に変換させただけだから、ぎこちなくなっているんじゃないかと思い始めました。で、むしろ自分でもeメールの書き方として言っているように、「話すように書く」という、書く呼吸の仕方が悪かったんじゃないかと反省して、ふたたび話し言葉で書くようにしたのでした。

 こんな問題意識を持っているところへ、吉本隆明の『言語にとって美とは何か』をめくっていたら、表現転移の法則がちょっと新鮮に目に止まりました。

(1) ある時代の文学表現は、いつも話体文学体とのふたつを基底としてかんがえることができるし、かんがえるべきである。これは、〈書く〉ということによってうまれる表出の、表出と表現への分裂という意味を誤解しなければ、文字の成立する以前にもさかのぼってかんがえることができる。


(2) 話体の表出は、もしそれを無条件の必然としてかんがえるかぎり、文学体の方へ上昇する。話体表出を話体表出として持続するのは、意識的な思想によるほかはない。それ以外では、文学体への上昇か、話体としての風化、いいかえれば通俗小説化するほかはない。

(3) 文学体は、無条件の必然としては、より高次の文学体へと上昇する。文学体話体へむかって下降するばあいは、作家の意識的な転換であるほかはなく、この転換をうながすに足りる現実的な要因が、かれの個的な時代的な基盤のなかにあったときである。

(4) 現代において話体を風化もさせず、また文学体への自然な上昇をもおこなわずに持続している作家は、かならず現実放棄の思想をもっている。

(5) ある時代から次の時代への表出体の転移は、話体文学体との上昇や下降の複雑な交錯によって想定される言語空間のひろがりと質の転移によっておこなわれる。これは、文学体話体とが極端に張り出した幅とひろがりとしてあらわれるはあいも、話体と文学体との融和のように、あるいは区別できないまでの接近としてあらわれるばあいもある。これと対応づけられるのは言語の表現意識の水準と現実社会の総体的な要因とである。が、それがすべてではない。その他の対応は、不完全であるばかりでなく、対応させることが困難である。

(6) 表出史は現実史へ還元することができない。還元できるのは、意識の表出としての一般性であり、〈文字〉により〈書く〉という形での表現は現実への還元をゆるさない。ただ〈書く〉ということの一般性へ還元されるだけである。

(7) ある時代の表現を、はじめに次の時代へ転移させるものは、必ず文学体の表現である。これからもそうである。

 これは1965年の本でいまから43年も前になるのですが、いまの状況を説明することもできる気がします。特に(3)の、「文学体から話体」への転換は、「転換をうながすに足りる現実的な要因が、かれの個的な時代的な基盤のなかにあったときである」というくだり、いまはまさにそういう時代ではないかと思えてくるのです。

 いまの「現実的な要因」を、ぼくの反省に引き寄せると、現実と呼吸できる書き言葉をみつけていないことになるのでしょうか。だから一度、話し言葉から始めてみる必要があるということです。

 このことを養老孟司は、「漱石、鴎外、二葉亭四迷」以来の書き言葉は百年以上経っているので変化しても可笑しくなく、いまのメールやケータイは、下からの「言文一致体」の創出なのではないかと指摘したことがあります。

 ※「『バカの壁』の読まれ方と現代世界」

 こう考えると、自分のぎこちない悪戦苦闘も時代的な意味がある気がしてくるわけです。

(4) 現代において話体を風化もさせず、また文学体への自然な上昇をもおこなわずに持続している作家は、かならず現実放棄の思想をもっている。

 この言い方も面白いですね。してみると、現在はさしづめ、現実放棄の思想を持ってかろうじて生き長らえる時代なのかもしれません。




|

« ほっとニュースがほしい | トップページ | 『走る女たち』 »

2.モデルを育てる」カテゴリの記事

コメント

私は喜山さんとは逆の悩みをブログをはじめたときに持ちました。「だである調」では書きにくい感じになってしまっていたのです。
それは本当のことを言うと、昔は書けていただけに、ちょっとショックでした。文体模写とかしてみたけれど、やはりなんとなくぎこちなく、今はあきらめて「ですます調」で書いています。
自分的には「だである調」で自然に書けるテーマができたときが、ひとつの契機なのかもしれないな、と記事を読み思いました。でも、ブログメディアには「ですます調」が合っているような気がしますね。

投稿: mb101bold | 2008/03/16 10:00

ぼくはmb101boldさんの文体が好きで、ああこんな風に書けるんだなと思えたことが、話し言葉にする後押しになったんです。ひそかに感謝しておりました。

ふたたび書く書き言葉は、何かこうピタっと来てほしいですね。

投稿: 喜山 | 2008/03/16 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 話し言葉の時代:

« ほっとニュースがほしい | トップページ | 『走る女たち』 »