« ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1996年) | トップページ | ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1997年) »

ウォンツ・マップは描けるかメモ

 ウォンツマップは描けるだろうか。消費者のウォンツはどうなっているか。それを、共時軸で把握するために。
 1996年のヒット商品で試みてみる。
 前作業として、個々のウォンツのつながりを見いだすために、抽象化して、図示してみよう。


◆1996年

1 インターネット
W:インターネットしたい。

W1:世界中とつながりたい

2 携帯電話/PHS
W:電話をしたい。

W1:誰かとつながりたい

3 インポートブランド
W:ステータスになるファッションがほしい。

W1:富裕者気分に浸りたい

4 地ビール
W:地ビールが飲みたい。

W1:知らない美味を味わいたい

5 デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ
W:ホームページで画像を公開したい。

W1:自分の作品を表現したい

6 白モノ家電
W:健康的で清潔な掃除機/洗濯機がほしい。

W1:無菌化したい

7 携帯情報端末
W:電車や喫茶店でパソコンを操作したい。

W1:状況を確認したい

8 プリント倶楽部
W:友達と写った写真を集めたい。

W1:つながりを確認したい

9 lSDN
W:早く快適にホームページが見たい。

W1:すぐにつながたい

10 懸賞ブーム
W:現金やプレゼントがほしい。

W1:もらいたい


11 ホンダRVシリーズ
12 安室奈美恵
13 APS対応カメラ「IXY」
14 『ロングバケーション』
15 高性能ノートパソコン
16 マンション間取り変更プラン
17 タカシマヤタイムズスクエア
18 MDプレーヤー
19 アバガードM
20 ビオレ毛穴すっきりバック
21 アサヒスーパードライ
22 ミニ四駆
23 VICS対応カーナビ
24 ナイキ「エアマックス」
25 薬用石鹸
26 ノンシュガー食品
27 重度慢性病保険rVガード」
28 『脳内革命』
29 パーフェクTV!
30 チタンドライバー


■1996年ヒット商品10に見るウォンツ・マップ
Wantsmap1996_2















 個々のウォンツのつながりはラフだが、こうして見ると、1996年、いかにコミュニケーション欲求というか、関係欲求が爆発したかが分かる。

 ウォンツ・マップを、共時的に描ければ、現在の消費者のウォンツの広がりが把握できる。
 そして、これを通時的に描ければ、消費者ウォンツの浮き沈みが把握できる。この浮き沈みは、いいかえれば、流行のことだ。

 ※ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1996年)



|

« ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1996年) | トップページ | ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1997年) »

2.モデルを育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォンツ・マップは描けるかメモ:

« ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1996年) | トップページ | ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1997年) »