« 「凄く、楽しい本」 | トップページ | “eメールの書き方”の本を出します »

モラタメでたくさんの応募をいただきました

 モラタメの本プレゼント企画で、『なぜ、キリン・ザ・ゴールドは求められるのか?』にたくさんの応募をいただきました。たしか、今日辺り、本の発送と聞いていますが、応募してくださったみなさん、本当にありがとうございます。でも、700人以上も手を挙げてくれたのに、20冊しか用意できなくてごめんなさい。

 モラタメ

 いただいたコメントやトラックバックの記事は全部拝見させていただきました。

 わたしも、本がどう受け止められるのかという視点で、コメントしてみたいと思います。


よく知ってる、試したことのあるものについて
他のみんながどういう風に感じているのかという事が
わかるのは楽しいかもしれないですね…・

 はい、それが分かる内容になっています。みんなはどう感じているのか、知りたいですよね。

マーケティングといっても、「売り方」じゃなくて その前の段階の「売れる商品の作り方」の本なんですね

 ヒット商品から、新商品の作り方のヒントを掴もうとする本です。


難しい雰囲気はなさそうだし(笑)
キリン・ザ・ゴールドをより美味しく
飲みたいので ぜひ読んでみたいです

 キリン・ザ・ゴールドがより美味しく飲めること、請け合いです。「難しい雰囲気」はできるだけ消したつもりではあるのですが。(^^;)


景気が悪いので、うちの自営業も業績が悪いのですが、「なぜ、キリン・ザ・ゴールドは求められるのか?」の中から、業績を持ち直す為の何かのヒントを得たいと思います。

 自営業の方の課題には応えているわけではないですが、何かのヒントになればと願います。


単にキリン・ザ・ゴールドがなんでおいしいのか、おいしさのうんちくを語るための本として読むもの面白いかもしれないですね。

 ええ、ええ、そういう読み方、アリと思います。


キリン・ザ・ゴールドをテーマに、「生の声マーケティング」。
ドゥ・ハウスの視点はいつも面白いと思います。

 ありがとうございます。


キリン・ザ・ゴールドは大好きで、ちょっと特別なときに選んでます。
これを読んで飲めばもっと美味しくなるかも^^

 イエス。そうです。わたしもそうでした。


アイデアが出てこないほど、衰えたこの頭…。
読んで頭を活性化したいですぜ。

 活性化しましょう。(^^)


大好きなキリンビールを呑みながら、
なぜ、キリン・ザ・ゴールドは求められるのか?について、
熱~く語る男どもの姿が今か目に浮かびます

 わたしも目に浮かぶようです。そんな風に読まれても嬉しいですね。


こういう、実際の企業の努力とか、
どうやってこの商品ができたかみたいな話って好きです。
おもしろいですよね。

 企業努力の話ではないんです。誤解を生んでしまったみたいでごめんなさい。


キリンさんが私たち利用者の声をどんなふうに商品に生かしてくれているのかが知りたいです。書いてあるかな...?

 ごめんなさい。それは入ってないです。あくまで、消費者の生の声から、商品の魅力を浮き彫りにした本です。


ちょっと…欲しいです(笑)。
マーケティングにはあまり興味はありませんが、「キリン・ザ・ゴールドをより美味しく飲みたい方」には惹かれます。
お酒の席で盛り上がりそうですね。

 ええ。盛り上がってください。(^^)


キリンザゴールドは何故飲まれるのか?
キリンの歴史もそうなんでしょうが「美味しい」のと「やっぱり発泡酒では物足りないのねん」と「月イチのご褒美」って感覚ではないでしょうか?

 当たり!です。


キリンといったらラガーだった私ですが、いい時代に大人になったと思います。
なくなった祖父が飲んでたラガーのビンビールが思い出ですが、
缶が主流の今では、そのおかげでいろんなデザインのラベルが見られます。
中身の味はもちろん大事ですが、見て満足できるものって、そうそうないんじゃないかと思いますよ!
キリンザゴールドは、シャンパンでも入っていそうな雰囲気が私はダイスキです。

 ああ、この声は「生の声」のデータにそのまま入れてしまいたい価値ありです。ありがとうございます。


ビールだと思ったら本だった。この名前のままビールを出したら売れそうな気がする。

 なるほど! それもありますね。


幼少のころ、祖父が晩酌するのを横目にしてました。まだキリンの瓶が主流だった頃です。長年、キリンを見続けてきましたからワタシもキリン党。正直ビールは水代わりのようにしゅぽっつ、しゅっぽっつっとPCをしながら缶が開きますね。よなよなひとり晩酌で飲んでしまいます。そんなキリン。特にザ・ゴールドはなぜに求められるんでしょう?私の心のうちに秘めてるものを同じ事がきっと書いてあるのかな?気になる本です。

 幼少のエピソードをお聞きすると、「同じ事」がきっとあるような気がします。


キリン・ザ・ゴールドはビール業界に久々に登場した、ビールかな,と思っていたら,それを解明するかのごとく,解説本(?)が登場.ビックリしました.以前,「10年商品をつくるBMR」を読んでいるので,それ以上にさらに具体化した内容かと思っています.ヒット商品は偶然産まれるのではなく,綿密にリサーチされた結果でもあると言う証明,理数系の論理好き,理屈好きの私は興味あります!

 「解読本」ていいですね。理数系的に分析したものではないのですが。


この本のタイトルには、自分なりの答えがあります。それは、今の日本が本物志向になってきたからだと思います。お酒はもともと大好きですが、私もここ数年、ビールのルーツを探り、麦芽とホップだけの「本当の」ビールを知ってから、いかに今まで消費者だましの商品が多かったか気づかされました。これは、食べ物だけでなく、すべての事に当てはまると思うので、この本を読んでみたいです。

 はい。当たり!です。


消費者の声って、とても大切ですよね。表紙もかわいくて面白いので興味があります。

 ありがとうございます。手に取りやすい装丁・イラストを、と考えました。


難しい経済関連の本は全く読む気が起こりませんが、身近なヒット商品のマーケティングについて書かれているようなので、読んでみたくなりました。たまにはこういう本も読まないと、年を取るにつれ、簡単・楽なものばかりに流れて行ってしまいそうで・

 なるほど。たしかに、トレーニングぽく読むには適している気がします。


「キリン・ザ・ゴールド」美味しいですよね!ビールらしい苦味がきちんとあって、発売以来、夫婦でファンです。
マーケティング分析の本は、時代の世相を反映した内容なので、興味深いです。今はさしずめ、「企業の偽装事件が相次いでいる中、消費者はより本物を求めている」・・・なんてところ!?ぜひ読んでみたいです。

 わたしは最近、それに思い至ったところです。「偽」に対して、たしかに消費者ニーズは、「品格」へと動いていましたね。


 声を寄せてくださったみなさん、本当にありがとうございます。
 今後の本づくりに生かしますです。



|

« 「凄く、楽しい本」 | トップページ | “eメールの書き方”の本を出します »

7.★『なぜ、キリン・ザ・ゴールドは求められるのか?』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モラタメでたくさんの応募をいただきました:

« 「凄く、楽しい本」 | トップページ | “eメールの書き方”の本を出します »