« 「触れるだけ」と「身体を動かす」 | トップページ | ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1987年) »

競合製品の決め方

 競合製品Cの決め方メモ。

 競合製品は、製品PのベネフィットBとウォンツWの双方からアプローチすることができる。

 開発段階:同じベネフィットBを持つCが競合製品。(B-C)
 販売段階:同じオケージョンOで同じウォンツWを持つCが競合製品。(OW-C)

 cf.『10年商品をつくるBMR』




|

« 「触れるだけ」と「身体を動かす」 | トップページ | ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1987年) »

8.★『10年商品をつくるBMR』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競合製品の決め方:

« 「触れるだけ」と「身体を動かす」 | トップページ | ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1987年) »