« ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1990年) | トップページ | 「品格」つながり »

異色、な本

 わだぶろぐの和田さんが、『なぜ、キリン・ザ・ゴールドは求められるのか?』の感想を書いてくれました。

「かなり異色なマーケティング本」

 と、和田さんは評しているけれど、実際、そうだと思います。
 この本は、著者の語りというより、消費者の声を主役に構成しているからです。ふつう、本は、専門家が読者に向けて語るのですが、この本は、読者の語りを専門家が読むという構成にしてみたかったのです。マーケターのためのマーケティング読本です。

「一人マーケティングスキルアップ研修」

 たしかに、こう使ってもらえたら本望です。

この本の重要なキーワードは「生の声」。 表紙にもしっかり書かれている。

決して「キリン・ザ・ゴールド」という特定商品の解説本ではなく、またキリンの製品戦略を分析した本でもない。

消費者の「生の声」データの中から「なぜ?」を見つけるプロセスを、読み手それぞれが、頭を実際に働かせて辿ってみる経験ができる、そんな本かな。うーん、うまく説明するの難しい。

 と、こう書いてくれていますが、その通り、そんな、難しさもあるなぁと感じています。
 つまり、立ち向かわなきゃならない本という点は、ハードルがあるかもしれません。

 和田さんの感想をありがたくお聞きして、バージョンアップの肥やしにしたいと思うのでした。
 和田さん、ありがとうございます。


 それにしても、キリン・ザ・ゴールドの画像が美味しそうです。(^^;)




 

|

« ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1990年) | トップページ | 「品格」つながり »

7.★『なぜ、キリン・ザ・ゴールドは求められるのか?』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異色、な本:

« ヒット商品のベネフィットとウォンツ(1990年) | トップページ | 「品格」つながり »